ニュース
» 2018年08月14日 08時00分 公開

炎上を疑似体験するプログラム「働くひとのための炎上防災訓練」提供開始 当事者になって炎上を“自分ごと”に

店舗やオフィスなどで働く従業員向けのプログラムです。

[宮原れい,ねとらぼ]

 ホットリンクは、企業のWeb炎上を未然に防ぐための従業員向けプログラム「働くひとのための炎上防災訓練」を提供開始しました。


働くひとのための炎上防災訓練 炎上 体験 従業員 教育プログラム 受講者は届いたメールのURLからスマートフォン上で受講します

 企業が炎上する要因の1つである、従業員によるSNSの投稿や行動。同プログラムではそこに焦点を当て、店舗やオフィスなどで働く人が原因となったSNS上のさまざまな炎上案件を、スマートフォン上で疑似体験するものとなっています。


働くひとのための炎上防災訓練 炎上 体験 従業員 教育プログラム SNSでの炎上を疑似体験

 受講者は、SNSやニュースサイトを模した画面で進行する炎上シナリオを体験。その途中には「このような時あなたならどうするか?」といった質問が投げかけられ、選択した回答によって展開が分岐。リアルな内容により、炎上を“自分ごと”として意識づけし、炎上リスクの軽減に繋げる狙いです。

 実際のシナリオでは、「アルバイトをしている時に、芸能人が来店。その時の様子をSNS に投稿してしまい……」「アルバイト中、来店者の行動に苛立ち、そのお客様の画像をSNS に投稿してしまい……」といった例が挙げられています。


働くひとのための炎上防災訓練 炎上 体験 従業員 教育プログラム さまざまな炎上案件が用意されます

 価格は受講者1人当たり1000円から。現在は提供開始を記念して、先着50社限定で実際のシナリオを1社1人まで体験できるキャンペーンを実施中。また炎上シナリオは、導入企業の業種や業態にあわせて提供することも可能とのことです。


働くひとのための炎上防災訓練 炎上 体験 従業員 教育プログラム 質問の回答によってシナリオが分岐します

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」