コラム
» 2018年08月15日 12時00分 公開

【クイズ】ギガ、テラ、ペタ、その次は? 巨大数から極小数まで表す接頭語20種

知っているようで、知らないやつ。

[ねとらぼ]


 メガ、ギガ、テラ、ペタといった、単位の前に付けて数字の大きさを表す表現。これらは「接頭語」「接頭辞」と呼ばれ、普段の生活でも目にする機会が多いものです。

 しかし、接頭語の中にはとてつもなく巨大な数字、極小の数字を表すちょっとマイナーなものも。そこで今回は「代表的な接頭語20種」をクイズ形式でまとめてみました。半分以上分かる人は、けっこう少数派かも。


大きな数字を表す代表的な接頭語

da:10倍


h:100倍


k:1,000倍


M:1,000,000倍


G:1,000,000,000倍


T:1,000,000,000,000倍


P:1,000,000,000,000,000倍


E:1,000,000,000,000,000,000倍


Z:1,000,000,000,000,000,000,000倍


Y:1,000,000,000,000,000,000,000,000倍


小さな数字を表す代表的な接頭語

d:0.1倍


c:0.01倍


m:0.001倍


μ:0.000001倍


n:0.000000001倍


p:0.000000000001倍


f:0.000000000000001倍


a:0.000000000000000001倍


z:0.000000000000000000001倍


y:0.000000000000000000000001倍


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.