ニュース
» 2018年08月17日 07時30分 公開

目の不自由な人を助けた“親切の連鎖” 電車の中での実体験を書いた漫画が優しさに包まれすぎている

みんな優しさを始めるきっかけを探しているのかもしれない。

[林美由紀,ねとらぼ]

 電車に乗っていたときに体験した、親切がリレーのようにつながっていく連鎖を書いた漫画に、人の温かさに感動したと反響が集まっています。

 

 ある日、作者のwakuta(@_wakuta)さんが乗っていた電車に目の不自由な男性が乗ってきます。するとwakutaさんの目の前の女性がすぐに席を譲って先に降りていきました。男性が降りる駅はたまたまwakutaさんが降りる駅と同じで、気になったwakutaさんは声を掛けます。


親切の連鎖1 女性が席を譲ってくれたことからすべては始まる

 男性が乗り換えると知り、乗り換えホームまで付いていくwakutaさん。ちょうど電車が来ていたので一緒に電車に入って席を探します。空いている席がなさそうだったので、目の前の乗客のおじさんに空いている席がないか尋ねます。


親切の連鎖2 次は作者のwakutaさんが親切の連鎖に加わります

 おじさんは周りを見回してくれたのですが、やっぱり空いている席はなさそうです。しかし、そのやり取りを見ていたカップルが席を譲ってくれました。


親切の連鎖3 続いてカップルが席を譲ってくれます

 wakataさんがこの電車に乗らないことを察したおじさんは、男性の案内係を代わってくれたのだそうです。その人たちを乗せた電車を見送りながら、「めっちゃ連鎖、すごい連鎖」と思ったと結んでいます。


親切の連鎖4 親切が親切を呼んだ!

 「席を譲る」「声をかける」「エスコートする」など、困っている人を見かけたときに、自分にも何かできないだろうかと思っても、なかなか行動に移す勇気が出ないことは多々あるかもしれません。でも、誰かがきっかけを作ってくれれば、優しさや親切な気持ちは連鎖していく。みんな優しさを始めるきっかけを探しているのかもしれません。できれば、そのきっかけになりたい、自分も連鎖をつなげていきたいと感じた読者も多くいたようです。ちょっとの心遣いを迷わず行動に移せる人になりたいものです。


親切の連鎖5 親切が親切を呼んだ!

画像提供:wakuta(@_wakuta)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」