ニュース
» 2018年08月17日 20時00分 公開

お盆に田舎へ帰った男性を待っていたのは…… 創作漫画「お盆は田舎に帰ろう」が切ない

もっと早く帰っていれば……。

[ねとらぼ]

 お盆に故郷に帰る物語を描いた創作漫画「お盆は田舎に帰ろう」の切ない結末に涙する人が続出しています。

 子どものころのお盆を思い出す男性。仏具を磨いて精霊馬を作り、花火に盆踊り……という非日常にざわつく心。でも、そのころ毎日一緒に過ごした女の子を「顔ももう思い出せない」と振り返ります。

 早く出て行きたいと思った小さな村も、出てしまうと懐かしい。述懐しながら、男性は村を歩きます。帰ってくるのは久しぶりで、顔も忘れられているかもしれないという彼の不安の通り、子どもたちは男性に話しかけることもせずにすれ違っていきます。

 今さら帰ってきて良かったのかと後悔し始める男性の前に、浴衣を着て狐面をかぶった女性が現れます。誰だか分かってしまうので「お面くらい被りなよ」といいながら、彼女はキツネ面を外します。その素顔には涙が。「帰ってくるの遅すぎだよ。ずっと待ってたのに」と泣きながら、彼女は「おかえり」と告げるのでした。それを見つめる男性の足は見えず――。

 浴衣の女性は彼が昔一緒に過ごしたあの子。彼女がこんなにきれいになっていることを、「お盆にしか帰れない」彼は知らなかったのです。「もっと早く帰ってくればよかったのに」と悔やむ言葉とともに漫画は終わります。

 この結末にTwitterでは「切ない」「泣いた」「悲しい」という感想が多く寄せられています。彼女が泣かないで済むように、もっと早く帰ってほしかった……と思わずにはいられません。

 作者のかっく(@cak221)さんはTwitterでイラストや漫画を投稿しており、特に猟師に助けてもらったキツネが美女に化けて押しかけ女房しにやってくる漫画「美女と猟師」シリーズが人気となっています。

画像提供:かっく(@cak221)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/13/news009.jpg 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/11/news038.jpg 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2007/12/news005.jpg 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. /nl/articles/2007/12/news038.jpg 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  7. /nl/articles/2007/12/news028.jpg 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  8. /nl/articles/2007/13/news127.jpg 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  9. /nl/articles/2007/13/news002.jpg 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  10. /nl/articles/2007/12/news007.jpg 愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐