ニュース
» 2018年08月17日 08時00分 公開

どら焼きを丸ごと使った「どら焼きジェラート」登場 和菓子職人とジェラートマエストロがタッグ

和と洋のオイシイトコどりです。

[クラタマスミ,ねとらぼ]

 富山県の和菓子屋、中尾清月堂が、どら焼きを丸ごと使った新商品「どら焼きジェラート」を発売しました。価格は390円(税込)です。


どら焼きジェラート 「どら焼きジェラート」390円(税込)

 中尾清月堂は明治3年(1872年)創業の老舗で、看板商品のどら焼き「清月」は県民におやつとして愛好される商品。この夏は冷凍専用どら焼き「凍り清月」も発売しています。それに続いてジェラートマエストロである柴野大造さんの「マルガージェラート」とコラボし、「清月」をジェラートに変身させました。

どら焼きジェラート ティラミス風どらジェラート

 こだわりの餡を使い、皮はどら焼きに使用するのと同じように丸く焼いてコーヒーシロップを染み込ませ、マスカルポーネチーズのジェラートと合わせて、ティラミス風になった「どら焼きジェラート」。和のどら焼き職人と洋のジェラートマエストロのタッグにより和と洋のオイシイとこ取りなスイーツになっています。


どら焼きジェラート ジェラートマイストロ 柴野大造さん

どら焼きジェラートどら焼きジェラート どら焼きとジェラートがコラボ

 また、今回のコラボは富山県の和菓子屋と石川県のジェラートショップという北陸同士の組み合わせ。実はこの地域、日本有数のアイスクリーム消費大国なのだとか。北陸といえば寒い地域というイメージがありますが、夏の平均気温は25〜27度で、アイスクリームがもっともおいしく感じる気温25度にほぼ合致。さらに、冬でも暖房をつけた室温が24度ほどとなり、かき氷やシャーベットよりもアイスクリームを食べることが年間を通して多いため、アイスクリーム消費量が高くなる傾向にあるそうです。


どら焼きジェラート 中尾清月堂では他にも冷たい和菓子を販売。酷暑に効く冷たいスイーツがうれしい

(クラタマスミ)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」