ニュース
» 2018年08月17日 08時00分 公開

どら焼きを丸ごと使った「どら焼きジェラート」登場 和菓子職人とジェラートマエストロがタッグ

和と洋のオイシイトコどりです。

[クラタマスミ,ねとらぼ]

 富山県の和菓子屋、中尾清月堂が、どら焼きを丸ごと使った新商品「どら焼きジェラート」を発売しました。価格は390円(税込)です。


どら焼きジェラート 「どら焼きジェラート」390円(税込)

 中尾清月堂は明治3年(1872年)創業の老舗で、看板商品のどら焼き「清月」は県民におやつとして愛好される商品。この夏は冷凍専用どら焼き「凍り清月」も発売しています。それに続いてジェラートマエストロである柴野大造さんの「マルガージェラート」とコラボし、「清月」をジェラートに変身させました。

どら焼きジェラート ティラミス風どらジェラート

 こだわりの餡を使い、皮はどら焼きに使用するのと同じように丸く焼いてコーヒーシロップを染み込ませ、マスカルポーネチーズのジェラートと合わせて、ティラミス風になった「どら焼きジェラート」。和のどら焼き職人と洋のジェラートマエストロのタッグにより和と洋のオイシイとこ取りなスイーツになっています。


どら焼きジェラート ジェラートマイストロ 柴野大造さん

どら焼きジェラートどら焼きジェラート どら焼きとジェラートがコラボ

 また、今回のコラボは富山県の和菓子屋と石川県のジェラートショップという北陸同士の組み合わせ。実はこの地域、日本有数のアイスクリーム消費大国なのだとか。北陸といえば寒い地域というイメージがありますが、夏の平均気温は25〜27度で、アイスクリームがもっともおいしく感じる気温25度にほぼ合致。さらに、冬でも暖房をつけた室温が24度ほどとなり、かき氷やシャーベットよりもアイスクリームを食べることが年間を通して多いため、アイスクリーム消費量が高くなる傾向にあるそうです。


どら焼きジェラート 中尾清月堂では他にも冷たい和菓子を販売。酷暑に効く冷たいスイーツがうれしい

(クラタマスミ)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響