ニュース
» 2018年08月18日 17時12分 公開

高い再現度とデザインにシビれる……! 蝉の抜け殻で作った「バルタン星人」がかっこよすぎると人気

【虫が苦手な人は閲覧注意】「ミンミンミン」から「フォッフォッフォッ」に。

[宮原れい,ねとらぼ]

 「フォッフォッフォッフォッ」という声が聞こえてきそうな、蝉の抜け殻で作ったバルタン星人がTwitterで注目を集めています。ただの再現を超えたかっこよさ!



 有名なウルトラ怪獣「バルタン星人」を、蝉の抜け殻を器用に貼り合わせることで、ひと目見て分かるほど再現することに成功しています。もともとのデザインが蝉をモチーフにしているだけに、お顔やお腹、背中など、抜け型特有の生々しい質感がマッチ。もはや“バルタン星人の抜け殻”といわれても否定できない説得力があります。


蝉 抜け殻 バルタン星人 バルタン星人だ……!

 そして、抜け殻の元の形を生かして表現された大きいハサミがグッとくるほどかっこよく、アレンジされたデザインの足がまたスタイリッシュでシビれます。といってもバルタン星人として違和感はなく、見れば見るほどその完成度に驚かされます。


蝉 抜け殻 バルタン星人 背中側も細かい部分にこだわりを感じます

蝉 抜け殻 バルタン星人 バルタン星人

蝉 抜け殻 バルタン星人 蝉の抜け殻ならではの質感がいい感じです

 投稿したのは、普段はフィギュアの原型などを製作しているタニクラカイ(@rlavemmN8fX18pY)さん。Twitterではそのプロの犯行といえる出来に「すごすぎる」「かっこよすぎて時が止まった」と称賛の声が寄せられ、「発想がすごい」「天才」といった声も上がる人気となっています。

 ちなみに使った抜け殻の数は30弱くらいで、製作には木工用ボンドを使っているとのこと。また軽いため風が吹くと倒れるものの、きちんと自立するそうです。ホントにすごい……。



画像提供:タニクラカイ(@rlavemmN8fX18pY)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた