ニュース
» 2018年08月19日 13時55分 公開

消されるどころか大型アップデート 「政剣マニフェスティア」が第2章実装、新たな敵は「トランプ」

なんだかんだで2周年。お叱りの言葉が届くことなく続いているようです。

[コンタケ,ねとらぼ]

 テクノードが開発・運営しDMM.comで配信されているブラウザゲーム「政剣マニフェスティア」が、大型アップデートとして第2章を実装しました。偉い先生方からのフシギなチカラで“なかった”ことにされそうと言われ続けて2年半、新たな敵はトランプを旗印とした謎の軍団です。アカン、今度こそ外圧で消されるぅ!



 「政剣マニフェスティア」は、戦略性の高いRTS(リアルタイムストラテジー)。プレイヤーは「総理」となって「ヒラリィ・イトウ」や「キティ・クローダー」など何かを連想させる女の子たち「政霊」を率い、「ヤトー」と「戦挙」を繰り広げるいろいろ“ヤベェ”ゲームです。


政剣マニフェスティア DMM.com 第2章 大型アップデート 初代総理大臣・伊藤博文とは何の関係もない「ヒラリィ・イトウ」


政剣マニフェスティア DMM.com 第2章 大型アップデート ゲーム画面

 ゲーム開始時に表示される「このゲームはフィクションです。実在の人物、団体とは関係ありません。ホントに一切関係ありません。ただの美少女が戦うファンタジーです」という文章からも、いろいろと察せるのではないでしょうか。大変性的ならぬ政的な内容となっています。

 そんなギリギリ感あふれる内容のまま消えることなくストーリー第1章が完結し、8月から第2章が始まりました。今回は一体どんなストーリーになるのか、そして大型アップデートではどのように変わったのか。テクノードに話を聞いてみました。

―― 第2章はどんなストーリーになるのでしょうか。

テクノード:今回、総理達が挑む新しい戦挙区は宇宙です。

〜プロローグ〜

各地での戦挙により、コッカ統一を成し遂げた総理。

しかし平和な時は続かない。

コッカの外では新たな敵が現れていた。

トランプを旗印とした謎の軍団が様々な星を侵略しようとしていたのだ。

政剣を奪取しようとする敵と、政剣を守ろうとする総理たちの戦いの行方は……!?

―― 1章から2章まで間がありましたが、2章スタートで総理たちからはどんな反響がありましたか。

テクノード:1章の完結が去年の3月でしたので、約1年半ぶりのメインストーリー再開となりました。その間も、沢山の新キャラや新システム「アベのミックス」(※1)を実装したり、「コジン・ジョウ宝」(※2)が流出するイベントなどを定期的を開催するなどして全国の総理たちにも喜んで頂いていたのですが、今回の2章の実装はそれを上回る反響を頂いており、多くの総理たちが待っていてくれた事を大変嬉しく思っております。

(※1)ユーリア・アベが身につけた錬金の秘術で、アイテムを元手により価値の高いものを手に入れるシステム
(※2)コジン・ジョウ宝とはコクミン1人1人の重要な情報が刻まれた財宝で、定期的に流出する(1カ月に1〜2回)コジン・ジョウ宝を回収して報酬のアイテムを手に入れるシステム

政剣マニフェスティア DMM.com 第2章 大型アップデート 「アベのミックス」。「ユーリア・アベ」はいわゆるその「アベ」さんではなかった気がする


政剣マニフェスティア DMM.com 第2章 大型アップデート 流出する個人情報……じゃなくて「コジン・ジョウ宝」


政剣マニフェスティア DMM.com 第2章 大型アップデート 1章完結〜2章スタートの間に実装された「カクタス・タナカ」。「ロッキーどん」と呼ばれる機械に乗り込んで戦う

 2章の戦挙では今回同時に実装された政霊たちの「覚醒能力」を上手に使ってステージを攻略するというコンセプトがあるのですが、こちらに関しては、難易度の上昇に対して、やや厳しめのコメントも頂いている状況です。多くの総理に2章の戦挙を楽しんで頂けるよう、調整により一層の力を入れていきたいと思っております。

―― アップデート内容の見どころは。

テクノード:「覚醒能力」を実装しました。政霊毎に異なる、新たな能力を解放する事ができるようになります。

 特定のヤトーに対して有利になったり、関係性のある政霊を一緒に組閣(パーティに編成)するとステータスが強化されます(※政霊同士の関係性についてはもちろんフィクションです)。

 また、一部の政霊に「覚醒レアリティ」を実装しました。初回の覚醒キャラクターは本作の顔ともいえる「ヒラリィ・イトウ」と「シェロブ・ビッグベア」です。今後、随時実装を予定しています。


政剣マニフェスティア DMM.com 第2章 大型アップデート ヒラリィ・イトウ覚醒SSR


政剣マニフェスティア DMM.com 第2章 大型アップデート シェロブ・ビッグベア覚醒EX


政剣マニフェスティア DMM.com 第2章 大型アップデート 覚醒能力画面


政剣マニフェスティア DMM.com 第2章 大型アップデート

 9月5日まで、ログインするだけで「SSR確定券」が貰えるキャンペーンも実施します。

――  新章の“ギリギリ感”あるネーミングやせりふをご紹介いただけますか。

テクノード:トランプをトレードマークとする謎の軍団が放つ驚異の数々として、以下のようなものが出てきます。

  • ツイー塔:ヤトーの恐ろしい術がかかっており、それが拡散されると様々なマイナス効果を受けてしまいます。
  • リス虎:政霊の様々な能力をカットしてくる虎です。口癖は「ユー・アー・ファイヤード」。

政剣マニフェスティア DMM.com 第2章 大型アップデート ツイー塔


政剣マニフェスティア DMM.com 第2章 大型アップデート つぶやくと拡散される。どこかで聞いたことがある気がしますね……


政剣マニフェスティア DMM.com 第2章 大型アップデート FF外から失礼されたときによく使うあれ


政剣マニフェスティア DMM.com 第2章 大型アップデート リス虎


政剣マニフェスティア DMM.com 第2章 大型アップデート 容赦なく切り捨ててくる。味わい深い説明

 新章突入(1章クリア)で総理が今回新たに身につけた力として、「コッカ剣力」もあります。政剣に認められた総理のみが使用できるスキルで、ヤトーに大きなダメージを与えたり、政霊を強化できるようになります。


政剣マニフェスティア DMM.com 第2章 大型アップデート 「コッカ剣力」。気軽に「はい」と答えにくい質問である

―― 今でも(関係ないはずの)偉い人から怖いコメントなどが届いたことはありませんか。

テクノード:2016年の運営開始から2年半が経ちますが、未だにお叱りのお言葉を頂いたことはございません。今後もギリギリを攻め続けるつもりですのでご期待ください。




 ついにアメリk……じゃなくて宇宙ネタにまで手を広げた「マニフェスティア」。ガイアツによりある日突然「トランプ」だったはずの敵が花札に変わったりしないか見守りたいところです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2107/30/news137.jpg 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」
  2. /nl/articles/2107/29/news111.jpg おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  3. /nl/articles/2107/29/news086.jpg 小5娘「ランドセル壊れちゃった!!」→メーカーに修理に出すと…… 子どもの気持ちに寄りそう「神対応」を描いた漫画に心が温まる
  4. /nl/articles/2107/30/news022.jpg 中年の「何しにこの部屋来たんだっけ?」発生条件を突き止めた漫画にあるあるの声 “忘却”はこうして起きていた……?
  5. /nl/articles/2107/29/news013.jpg おばあちゃんと散歩するワンコ、よく見ると…… かしこ過ぎるイッヌに「どっちが散歩されてる?」「愛と信頼ですね」の声
  6. /nl/articles/2107/29/news044.jpg 3歳娘「カレーが食べたい」にこたえて作ったのに…… あまのじゃくな娘に“大人になること”を学ぶ漫画が考えさせられる
  7. /nl/articles/2107/29/news030.jpg 定価で買った商品が半額になってショック!→娘「ママは値段を理由にそれ買ったの?」 子どもの一言にハッとさせられる漫画
  8. /nl/articles/1902/18/news125.jpg 「誰も消防車を呼んでいないのである!」漫画の作者自ら“消防車が来ない話”としてTwitterに公開 「元ネタ初めて見た」
  9. /nl/articles/2107/28/news135.jpg 波田陽区、そっくりな卓球・水谷隼選手の金メダル獲得で仕事激増 「拙者、これで家賃払えそうですからー!」
  10. /nl/articles/2107/30/news007.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「島嶼」

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」