コラム
» 2018年08月21日 12時00分 公開

人によっては違和感がある「押しも押されぬ」「従来から」「ソシャゲに課金」 本来の表現からズレてしまった日本語

「不適切な表現」といわれる理由、分かります?

[ねとらぼ]


 言葉は、時代とともに変わっていくもの。例えば、「敷居が高い」は本来、「不義理などをしてしまい、その人の家に行きにくいこと」を意味しますが、近年は「上品過ぎるなどの理由で、お店に入りにくい」という使い方をする人もいるのだとか。

 そこで今回は「本来の意味、言い方からズレた日本語」をクイズ形式でまとめてみました。真逆の意味で使われるようになった言葉もあるので、ちゃんと理解できているかチェックしてみては?

Yシャツ


従来から


ソシャゲに課金する


耳ざわりが良い


世間ずれ


後ろから羽交い締め


雪辱を晴らす


押しも押されぬ


檄を飛ばす


世論(よろん)


やおら


おもむろに


排気ガス


采配を振るう


十本(じゅっぽん)


琴線に触れる


薄皮をはぐように


至上命題


合いの手を打つ


1時間弱=1時間ちょっと


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.