ニュース
» 2018年08月21日 11時21分 公開

暗闇にキラーン、「サムライエディション」で候 夜が似合う「黒属性」限定車4種、アウディが発売(1/2 ページ)

A1、A4、Q5、Q7に「夜」テーマの限定モデル。かっこいい。【写真22枚】

[agar,ねとらぼ]

 アウディ・ジャパンは、SUV(スポーツタイプ多目的車)の「Q7」など4車種に、専用色の塗装や特別装備などを施した限定モデルを追加すると発表しました。

 限定モデルは、上位SUVのQ7に「Q7 samurai edition」、中型SUVのQ5に「Q5 black edition」、主力セダン・ワゴンのA4に「A4 tuxedo style」、小型ハッチバックのA1に「A1 Sportback midnight limited」の4種類。それぞれ「夜」にちなんだシックなカラーリングと特別装備を施します。黒(闇?)属性でかっこいいな。

Q7 samurai edition

Q7 samurai edition Q7 samurai edition

 Q7 samurai editionは、専用色の“サムライグレー”をまといます。このほか、標準仕様ではオプションとなる「カーボンスタイルパッケージ」「ブラックスタイリングパッケージ」に相当するミラーやグリル回り、ルーフレールなどの装飾を施し、内装もレザーシートでシックな印象にまとめました。カメラで前走車や対向車を検知する「マトリクスLEDヘッドライト」や、ボーズ製3Dサウンドシステムなど、安全装備や快適装備もQ7と同様に装備します。

 発売は2018年8月20日。価格は1093万円から(税込、以下同)。限定70台です。

Q5 black edition

Q5 black edition Q5 black edition

 Q7の弟分となるQ5には、を基調とするオプションパーツを装備した「Q5 black edition」を追加します。

 2リッターの直列4気筒ターボエンジンを搭載するグレード「2.0 TFSI quattro sport」をベースに、ルーフレールやシングルフレームグリル、フロントリップスポイラーなどの各部を黒色のパーツに変更。20インチのアルミホイールもこの特別モデルのテーマにあわせた統一感のあるデザインとなっています。

 9月4日発売で、価格は772万円から。ボディーカラーはミトスブラックメタリックとグレイシアホワイトメタリックとの2色。合計250台の限定です。

A4 tuxedo style

A4 tuxedo style A4 tuxedo style

 主力セダンのA4には、標準モデルで装着率が高いという人気オプションを標準で装備した「tuxedo style(タキシードスタイル)」を設定しました。目指したのはタキシードで正装して出掛ける場所にふさわしいクルマです。

 A4 tuxedo styleは、スポーティな「S line」仕様の外装に、専用色のマンハッタングレーとAudi Sport 19インチホイールを備えたシックな特別仕様。さらに、進化型情報表示パネルとタッチ操作デバイスを組み合わせた「バーチャルコックピット」と先進安全装備「アシスタンスパッケージ」も標準とし、安全かつスマートに移動するための装備を充実させました。

 ボディーカラーはマンハッタングレーのほかに、グレイシアホワイト、ミトスブラック、タンゴレッドの全4色を用意します。発売は8月20日。価格はセダンが589万円から、ワゴンタイプのアバントが618万円から。合計で500台限定です。

A1 Sportback midnight limited

A1 Sportback midnight limited A1 Sportback midnight limited

 コンパクトハッチバックのA1 Sportbackには、都市の真夜中を駆け抜けるような姿を連想させるスポーティ仕様「midnight limited」を設定しました。標準のA1に対して、S lineエクステリアと専用のブラックスタイリングパッケージをまとい、黒のコントラストを引き立たせた演出を特徴とします。

 ボディーカラーは特別色のセパンブルーとアローグレーをテーマカラーとし、さらにミサノレッドとグレイシアホワイトメタリックの全4色から選べます。375台限定で、価格は349万円から。発売日は9月4日です。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響