ニュース
» 2018年08月21日 11時21分 公開

暗闇にキラーン、「サムライエディション」で候 夜が似合う「黒属性」限定車4種、アウディが発売 (1/2)

A1、A4、Q5、Q7に「夜」テーマの限定モデル。かっこいい。【写真22枚】

[agar,ねとらぼ]

 アウディ・ジャパンは、SUV(スポーツタイプ多目的車)の「Q7」など4車種に、専用色の塗装や特別装備などを施した限定モデルを追加すると発表しました。

 限定モデルは、上位SUVのQ7に「Q7 samurai edition」、中型SUVのQ5に「Q5 black edition」、主力セダン・ワゴンのA4に「A4 tuxedo style」、小型ハッチバックのA1に「A1 Sportback midnight limited」の4種類。それぞれ「夜」にちなんだシックなカラーリングと特別装備を施します。黒(闇?)属性でかっこいいな。

Q7 samurai edition

Q7 samurai edition Q7 samurai edition

 Q7 samurai editionは、専用色の“サムライグレー”をまといます。このほか、標準仕様ではオプションとなる「カーボンスタイルパッケージ」「ブラックスタイリングパッケージ」に相当するミラーやグリル回り、ルーフレールなどの装飾を施し、内装もレザーシートでシックな印象にまとめました。カメラで前走車や対向車を検知する「マトリクスLEDヘッドライト」や、ボーズ製3Dサウンドシステムなど、安全装備や快適装備もQ7と同様に装備します。

 発売は2018年8月20日。価格は1093万円から(税込、以下同)。限定70台です。

Q5 black edition

Q5 black edition Q5 black edition

 Q7の弟分となるQ5には、を基調とするオプションパーツを装備した「Q5 black edition」を追加します。

 2リッターの直列4気筒ターボエンジンを搭載するグレード「2.0 TFSI quattro sport」をベースに、ルーフレールやシングルフレームグリル、フロントリップスポイラーなどの各部を黒色のパーツに変更。20インチのアルミホイールもこの特別モデルのテーマにあわせた統一感のあるデザインとなっています。

 9月4日発売で、価格は772万円から。ボディーカラーはミトスブラックメタリックとグレイシアホワイトメタリックとの2色。合計250台の限定です。

A4 tuxedo style

A4 tuxedo style A4 tuxedo style

 主力セダンのA4には、標準モデルで装着率が高いという人気オプションを標準で装備した「tuxedo style(タキシードスタイル)」を設定しました。目指したのはタキシードで正装して出掛ける場所にふさわしいクルマです。

 A4 tuxedo styleは、スポーティな「S line」仕様の外装に、専用色のマンハッタングレーとAudi Sport 19インチホイールを備えたシックな特別仕様。さらに、進化型情報表示パネルとタッチ操作デバイスを組み合わせた「バーチャルコックピット」と先進安全装備「アシスタンスパッケージ」も標準とし、安全かつスマートに移動するための装備を充実させました。

 ボディーカラーはマンハッタングレーのほかに、グレイシアホワイト、ミトスブラック、タンゴレッドの全4色を用意します。発売は8月20日。価格はセダンが589万円から、ワゴンタイプのアバントが618万円から。合計で500台限定です。

A1 Sportback midnight limited

A1 Sportback midnight limited A1 Sportback midnight limited

 コンパクトハッチバックのA1 Sportbackには、都市の真夜中を駆け抜けるような姿を連想させるスポーティ仕様「midnight limited」を設定しました。標準のA1に対して、S lineエクステリアと専用のブラックスタイリングパッケージをまとい、黒のコントラストを引き立たせた演出を特徴とします。

 ボディーカラーは特別色のセパンブルーとアローグレーをテーマカラーとし、さらにミサノレッドとグレイシアホワイトメタリックの全4色から選べます。375台限定で、価格は349万円から。発売日は9月4日です。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/13/news009.jpg 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/11/news038.jpg 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2007/12/news005.jpg 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. /nl/articles/2007/12/news038.jpg 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  7. /nl/articles/2007/12/news028.jpg 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  8. /nl/articles/2007/13/news002.jpg 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  9. /nl/articles/2007/13/news127.jpg 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  10. /nl/articles/2007/12/news007.jpg 愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐