ニュース
» 2018年08月21日 20時02分 公開

修行中の僧侶を真っ白に凍らした謎のカプセルトイ「氷河期の僧侶」 パンダの穴が発売

なぜ凍らした。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 絶対零度のなかで真っ白に凍りながら、托鉢したり坐禅を組んだりし続ける僧侶たち。氷河期になってもひたむきに修業を続ける僧侶をフィギュアにしたという謎のカプセルトイ「氷河期の僧侶」が、9月上旬にタカラトミーアーツ「パンダの穴」から発売されます。全4種類、1回200円。

パンダの穴 南無。

 ラインアップは、「托鉢」「念仏」「作務」「坐禅」。それぞれ名前通りの修行に励んでいる僧侶が、その途中でいきなり大寒波に襲われてしまったように白く凍りついてしまったデザインとなっています。キャッチコピーは「気がつくと そこは、氷河期だった。」。「パンダの穴」公式Twitterによれば、「時空を超え氷河期という過酷な環境下でもひたむきに修行を続ける僧侶達」だそうです。

パンダの穴 虚無僧が凍りついた「托鉢」。お鉢にご飯じゃなく雪がこんもり……

パンダの穴 頭の雪の積もり具合がやばいことになっている「念仏」

パンダの穴 一番過酷な凍り方をしている「作務」

パンダの穴 頭の氷雪が白いヘルメット状態の「坐禅」

 袈裟(けさ)の端っこにつららがぶら下がり、表面に積もった雪の質感も非常にリアル。生命力のなさが無常観を漂わせるというか、かえって僧侶たちが悟りに達しているような永遠を感じさせるというか、シュールな魅力にあれこれアートなことを考えてしまいますが、最終的には「なぜ僧侶を凍らせた」という1つの疑問にたどり着きます。

 公式Twitterも「何でこんな企画を思いついたのか何で商品化をしようと思ったのか」「何故か作ってしまいました」と疑問符を浮かべながら紹介しており、企画意図は謎。過去にもサメを丸ごと揚げたフィギュア「サメフライ」(関連記事)を生み出した、パンダの穴らしい感覚系カプセルトイとなっています。

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.