コラム
» 2018年08月27日 12時00分 公開

「草食男子」「イクメン」「カリスマ○○」、いつ流行ったか覚えてる? 現在でも使われる“元流行語”

定着し過ぎて、逆に思い出せない。

[ねとらぼ]


 流行語は突然現れては、次第に使われなくなっていくもの。しかし、その中には、当たり前の表現として定着するものも少なくありません。例えば、今ではおなじみになっている「インターネット」もかつては知名度が低く、“ある時期”から広く知られるようになったといいます。

 そこで今回は「現在でも使われている“元流行語”」をクイズ形式でまとめてみました。「ユーキャン新語・流行語大賞」に登場した年を答えとしていますが、いつごろ広まった言葉なのか、覚えているでしょうか?

インターネット


壁ドン


ヤンママ


地球にやさしい


草食男子


ほめ殺し


イッキ! イッキ!


カリスマ


IT革命


クールビズ


ブログ


名ばかり管理職


終活


激辛


ガーデニング


癒し


学級崩壊


一番搾り


どや顔


価格破壊


パラパラ


イチロー


アラフォー


おっはー


マイブーム


援助交際


イクメン


今でしょ!


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」