ニュース
» 2018年08月24日 19時35分 公開

江の島に「自動運転バス」、江ノ電が周辺の公道で試験運行 オリンピック種目セーリング大会で来場者輸送を検証

江の島を自動運転バスが走る!

[カナブンさん,ねとらぼ]

 小田急電鉄と小田急グループの江ノ島電鉄は、神奈川県およびSBドライブの協力のもと、江の島周辺の公道で自動運転バスの実証実験を行うと発表しました。

自動運転バス 実験車両のイメージ(日野・ポンチョベース)

自動運転バス 2018年9月9日〜16日に江の島で行われる「セーリングワールドカップシリーズ江の島大会

 この実証実験は2018年9月9日〜16日に江の島で行われるオリンピック種目であるセーリング競技大会の1つ「セーリングワールドカップシリーズ江の島大会」と合わせて、会場来場者の輸送を検証するために行われます。神奈川県が取り組むロボット共生社会推進事業の推進と、小田急グループにおけるバスの自動運転事業の実用化検証が狙いで、大会開催期間と同じ9月6日〜16日に実施します。9月11日から16日は申し込みによって乗車できる一般モニターも募ります。

 運行は平日が10時〜16時の往復6本、休日が10時~15時10分の片道5本。運航ルートは江ノ島海岸バス停から小田急ヨットクラブ(江の島島内)までの約1.1キロ。このうち公道を含めた1キロを自動運転で運行する予定です。

自動運転バス 自動運転バスの運行ルート

自動運転バス 自動運転バスの時刻表

 実験車両は日野自動車の路線用小型バス「ポンチョ」をベースにした自動運転車両を用います。ドライバーが乗車しつつ、限定条件の下でシステムが全ての運転タスクを担い、システムが要請したときのみドライバーが対応する「自動運転レベル3」相当で走行します。

 なお、一般モニター(約450人)の乗車予約受付は8月14日から開始されていましたが、8月24日時点で既に全日満席。自動運転バスに対する期待の高さが伺えます。残念ながら今から乗車申し込みは難しそうですが、運行している様子ならば確認できるでしょう。自動運転バスが運行し、乗客をスマートに運ぶ近未来交通の姿を、セーリングワールドカップシリーズの観戦とともにいち早く体感してみてはいかがでしょうか。

自動運転バス 一般モニター受付は既に満席……

(カナブンさん)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.