ニュース
» 2018年08月26日 16時00分 公開

まん丸でモフモフ 大学の研究室で暮らす「うずら」の漫画が全国の鳥好きさんに読んで欲しいほのぼの感

癒やされる。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 大学の研究室で暮らす“うずら”の様子を描いた漫画『うずらのじかん(著:マツダユカ/協力:上田恵介)』が、思わずクスッと笑ってしまうような、ほのぼのとした世界を繰り広げています。

うずらのじかん 『うずらのじかん』

 うずらの“うっずー”は立教大学・鳥類研究室のペット。鳥類のスペシャリスト・植田教授を「むしをくれるひと」として認識し、キーボードの上に乗って甘えます。

うずらのじかん 立教大学・鳥類研究室で暮らす“うずら”のうっずー
うずらのじかん 植田教授のキーボードの上に居座ります

 研究室のメンバーは個性的な人ばかり。うっずーのために虫を捕まえに行ってくれる人もいれば、ペットではなく“食糧”だと誤解する人もいます。

うずらのじかん うっずーのためにバッタを捕まえてくれました
うずらのじかん それはペットの持ち方ではない

 うっずーの生まれは研究室にある全自動ふ卵器。ふ卵器で生まれたから「フランキー1号」など、さまざまな名前が検討されましたが、結局うっずーに落ち着きました。

うずらのじかん うっずーは全自動ふ卵器の出身
うずらのじかん 研究室のペットになりました

 発情期を迎えたうっずーは、研究室の中で大暴れ。「ゴキチョー!!」と鳴きながら教授の手や研究室メンバーのスニーカーを突いて回ります。

 被害に手を焼いたメンバーが思い付いたのは、うっずーが気に入っている靴下を犠牲にすること。ボールのように丸めた靴下をもらい、満足そうな表情を見せてくれました。

うずらのじかん 発情期を迎えたうっずー
うずらのじかん あちこち突いて回ります
うずらのじかん 丸めた靴下をもらってごきげんです

 植田教授のモデルは立教大学名誉教授でNHKテレビ「ダーウィンが来た!」にも出演している上田恵介教授。著者のマツダユカさんは『ぢべたぐらし』『きょうのスー』などの著書があります。

 『うずらのじかん』第1話はCOMICリュエルで公開中。第1話〜第14話が収録された書籍『うずらのじかん』は、7月13日に実業之日本社から発売されています。価格は900円(税別)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.