ニュース
» 2018年08月28日 08時00分 公開

あのスケッチブックが60周年 マルマン「図案スケッチブック」トートバッグ発売

文具ファン注目のグッズです。

[クラタマスミ,ねとらぼ]

 マルマンが8月31日、「図案スケッチブック」発売60周年記念の大型トートバッグなどを発売します。マルマンと聞いてピンと来ない人でも、「あのスケッチブックを作っている会社」と聞けば、思い当たるのではないでしょうか。表紙にオレンジと深緑を配した表紙のあのスケッチブックです。


図案スケッチブック マルマン「図案スケッチブック」

 「図案スケッチブック」60周年を記念して、マルマンは特設サイト開設、イベント展開、限定製品の販売を行ってきました。限定製品の第1弾として「60th」の記念ロゴの入ったスケッチブック、スマートフォンケースやクリアファイル、ふせん、ミニトートバッグなど約20種を販売しています。また「図案スケッチブック」と同じく、今年で60周年を迎えた「Honda スーパーカブ」「東京タワー」「三菱鉛筆 uni」とのコラボ製品も展開し、文房具ファン以外からも注目を集めています。


図案スケッチブック図案スケッチブック (左から)60thスケッチブック、スマホケース

図案スケッチブック図案スケッチブック (左から)「Honda スーパーカブ」「三菱鉛筆 uni」コラボ

図案スケッチブック図案スケッチブック (左から)「東京タワー」コラボ、ミニトートバッグ

 今回発売されるのは限定製品第2弾で、大型トートバッグ2種類と、クリアファイル、ロールふせんの計4種。イラストレーター浅野みどりさんがデザインしたかわいいアニマルモチーフを大胆に配置しています。

 トートバッグは丈夫な帆布製。カラーは、白(クマ)と黒(ネコ)の2種類。A3サイズのスケッチブックもすっきり収まる大判のトートバッグは、外出時など普段使いに最適です。価格は1850円。


図案スケッチブック 60th図案×トートバッグ(白)

図案スケッチブック 60th図案×トートバッグ(黒)

図案スケッチブック図案スケッチブック 白にはクマが、黒にはネコが描かれています

 クリアファイルは、PR製で書類整理に便利なA4サイズ。裏面のラッコが持つスケッチブックには「貝をください。」というメッセージが書かれています。価格は150円。


図案スケッチブック 60th図案×クリアファイル

 描けるロールふせんは、紙製のため鉛筆、油性ペン、水性ペンなどさまざまな筆記具と相性抜群。それぞれ異なる動物が登場する6つの柄は、ミシン目に沿って1シート毎にカットして使うことができ、ギフトに添える一言メッセージとしても活用できます。価格は600円。


図案スケッチブック 60th図案×描けるロールふせん

 「図案スケッチブック」は、1958年の発売から現在までの累計販売数8000万冊、年間販売数も200万冊以上と、誕生して半世紀以上が経つ今もなお、日本中の人々に愛用され続けているロングセラー製品。真っ白な画用紙に自分の思いのままの絵や文字を描くのは、いつの時代でも喜びや楽しさを伴うもの。紙と筆記具という組み合わせは、これからも消えることはないのでしょう。

価格は税別


(クラタマスミ)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた