ニュース
» 2018年08月28日 10時00分 公開

9月9日は「オオサンショウウオの日」! 京都水族館で9月3日から「オオサンフェス9.9」開催

今年が初めての開催! 水族館の人気者の魅力が炸裂

[谷町邦子,ねとらぼ]

 日本最大級のオオサンショウウオの展示水槽を持つ京都水族館では、9月9日「オオサンショウウオの日」に合わせ「オオサンフェス9.9」を開催。9月3日〜10月31日に行われるさまざまな無料のイベントで、「生きた化石」「世界最大級の両生類」と呼ばれるオオサンショウウオの生態と魅力に触れることができます。


オオサンフェス 大きくお口を「ガバッ」!


オオサンフェス だれでも無料で視聴できます

 「ニコニコ生放送」では、9月5日16時〜9日19時の99時間、オオサンショウウオの様子を生中継。夜行性のオオサンショウウオの活発な姿が見られるかもしれません。水族館スタッフによるお絵かきコンテストなどの中継もあります。


オオサンフェス いきものの知識や愛に溢れた、マニアックな内容になるはず!

 イラストレーターのぬまがさワタリさんと、水族館の下村実館長によるトークイベントも開催。ユニークな姿や生態の生き物を描いたイラストが人気のぬまがささんと、下村館長がオオサンショウウオをテーマに、9月9日11時30分からオオサンショウウオ展示エリア「京の川」で語りあいます。


オオサンフェス リアルかつユーモアのあるイラストにあなたが色づけ

 また、ぬまがささんの著作「ぬまがさワタリの ゆかいないきもの(秘)図鑑」(西東社)のイラストのぬりえとクイズのイベントもあります。「ぬまがさワタリのぬりえ&クイズ」が9月3日〜10月31日の10時〜16時30分に開催。会場は「交流プラザ」、定員1日300人。当日16時までに特設カウンターでの受け付けが必要となります。

 「オオサンショウウオのごはんタイム」では、オオサンショウウオが大きく口を開けてエサを食べる様子を観察できます。9月2日〜10月28日の期間の木曜日、日曜日に16時からの予定。關慎太郎副館長によるオオサンショウウオの生態についての解説つきです。


オオサンフェス ぬるぬるボディをまっすぐにして測定。成長を観察する

 オオサンショウウオの身体測定を公開する「測って! オオサンショウウオ」は、9月9日12時からと、16時からの2回の開催。水槽から出して、頭の先から尾の先までの長さを測る身体測定は、水族館オープン以来初めての公開だそうです。

 「オオサンショウウオのごはんタイム」「測って! オオサンショウウオ」の会場は「京の川」。オオサンショウウオの健康状態によって時間の変更、中止になることもあります。


オオサンフェス オオサンショウウオと、オオサンショウウオが住む環境を冷やしうどんで再現

 水族館内のカフェ「ハーベストカフェ」では、「ぬめぬめオオサンショウウオ麺」(税込999円)が9月3日〜10月31日の期間限定で登場。オオサンショウウオ型のコンニャクと、ぬめぬめした納豆やとろろがのった冷やしうどんです。ソフトドリンク付きで1日9食限定。


オオサンフェス まだまだ謎の多いオオサンショウウオの生態が、この秋、垣間見られる……!?

 「オオサンショウウオの日」は京都水族館が2018年4月に「一般社団法人 日本記念日協会」に申請して認定された記念日。オオサンショウウオの体型が「9」に似ていること、9月ごろに繁殖期を迎えて活動的になることから、9月9日としたそうです。記念日認定後初の、水族館で人気のオオサンショウウオのイベントだから盛り上がること間違いなし!

(谷町邦子 FacebookTwitter

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」