ニュース
» 2018年08月28日 15時40分 公開

「安全運転ならば保険料安く」 トヨタ、コネクテッドサービス対応の純正ナビ「T-Connectナビ」に新モデル

ナビ装着で「コネクテッドカー」に進化。

[カナブンさん,ねとらぼ]

 トヨタ自動車は8月27日、コネクテッドサービスに対応した純正ナビ「T-Connectナビ」の新モデルを発表。2018年9月3日からトヨタディーラーなどで発売します。価格は7型画面の「NSZT-W68T 標準セット」で14万5800円(税込、設置工賃などは含まず。以下同)から。

T-Connectナビ T-Connectナビ 10型画面モデル「NSZN-Z68T」(アルファード・ヴェルファイア専用)

 画面サイズは7型、9型(23万2200円から)と、アルファード、ヴェルファイア、エスティマ、ヴォクシー、ノア、エスクァイアの各車種専用となる10型(29万2680円)の3サイズ。一部を除き、それぞれ標準セットと専用のデータ通信モジュール「DCM(Data Communication Module)」付きパッケージ(標準セットからプラス4万5360円)の2種類を用意します。全モデルで地上デジタル放送(フルセグ)チューナーを搭載します。

T-Connectナビ T-Connectナビ 9型画面モデル「NSZT-Y68T」

 トヨタは、新世代の自動車と周辺交通のサービス化時代を見据え、クルマへネットワークへの常時接続機能を搭載した「コネクテッドカー」の普及を急速に進めています(関連記事)。2018年6月に発売した新型車「15代目クラウン」(関連記事)、「カローラ スポーツ」(関連記事)を皮切りに、DCMの搭載を全車に標準化していく方針を示しています。

 また、カーシェアやタクシー事業者、保険会社、販売店なども含めて今後のモビリティサービスを実現するための機能や仕様の共通化と統一化を図るプラットフォーム「MSPF」(関連記事)を推進しています。

DCM付きの新ナビを装着すれば、自車が「コネクテッドカー」になる

 今回の新モデルではDCM付きパッケージの拡充によって、より便利なサービスを提供していくための「コネクテッドカー化」をさらに進める計画。ユーザーとしても、DCM付きの新モデルを装着するだけで自車が「コネクテッドカー」になります。

 新モデルでは、リアルタイムの交通情報と最新地図データを元にした「今、最適なルート配信機能」と蓄積される走行データによって、“安全運転ならば保険料割引がある”「走行データ連動型の自動車保険」を利用できるようになることが目玉。ちなみに、通信機能によって蓄積されたリアルタイムデータは、2018年6月の関西地区災害時に活躍した「通れた道マップ」(関連記事)などにも役立てられます。

photo 通行可能な道路がリアルタイムに分かる「通れた道マップ

 新モデルの発売に合わせてナビオプションの拡充も図ります。記録動画の再生や設定変更をナビ画面で操作できるようにした「ナビ連動型ドライブレコーダー」、ダブルツィーター仕様によって運転席と助手席で音の同時定位を実現する「ハイレゾ対応サウンドパッケージ」、ナビ画面のフリック(左右になぞる)操作でリアカメラに付いた水滴を除去できるようにした「雨滴除去機能付きマルチビューバックガイドモニター」、次世代の交通安全支援システムに対応した「ITS Connect対応ユニット」などを用意します。

photo 価格一覧
T-Connectナビ ドライブレコーダー+ナビ連動機能「ナビからカンタン録画」

T-Connectナビ ドライブレコーダー+ナビ連動機能「ナビ画面で再生」
T-Connectナビ 複数の位置で音の同時定位を実現するダブルツィーター搭載の「ハイレゾ対応サウンドパッケージ」

T-Connectナビ ナビ画面へのフリック操作で機能する「リアカメラ雨滴除去」

 このほか、テレビチューナーをワンセグとした7型画面のエントリーモデル「NSCN-W68」も2018年12月に発売予定。価格は8万4240円からです。

T-Connectナビ T-Connectナビ 10型画面モデル「エスティマ」装着例

T-Connectナビ T-Connectナビ 10型画面モデル「ノア・ヴォクシー・エスクァイア」装着例

T-Connectナビ T-Connectナビ 9型画面モデル「プリウス」装着例

T-Connectナビ 後席会話支援機能のイメージ


T-Connectナビ 「ハイレゾ対応サウンドパッケージ」の左右席同時定位原理図

T-Connectナビ プレミアムダブルツィーターシステム

T-Connectナビ ダブルツィーターシステム

(カナブンさん)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ