ニュース
» 2018年08月30日 19時00分 公開

カウルの素材に銅を選ぶセンス……! NASAのエンジニアが作り上げたカスタムバイクが超スーパーイケメンすぎる (1/2)

スチームパンク感もちょっぴり。

[haruYasy.,ねとらぼ]

 アメリカ最古のバイクメーカーとして知られている「インディアン・モーターサイクル」が主催したカスタムバイクコンテストの最優秀作品がバイク好きの間で注目を集めています。

カスタム バイク NASA インディアン・モーターサイクル オートバイ

 カスタムを手がけたのはアメリカ航空宇宙局(NASA)で働くエンジニア、Alfredo Juarezさん。コンテストは100年以上の歴史を持つインディアン社のバイクをベースに、一般からカスタムアイデアを募集。選考に残ったデザインから3人のファイナリストが選出され、それぞれが予算1万ドルを元に実車を制作して、最終審査に挑みました。

カスタム バイク NASA インディアン・モーターサイクル オートバイ 約3カ月で作り上げたそうです

 Juarezさんが制作したカスタムバイクは主力バイクである「スカウト・ボバー」がベース。搭載されているVツインエンジンの排気量は1130ccで、最大94馬力を発揮します。

 フロントカウルやチェーンカバーなどは銅板が用いられ、アメリカンバイクでありながら、ネイキッド・レーサーのようなスポーティな印象を与える独特なシルエットに仕上げられています。

 オリーブを連想させるオーガニックな色合いのグリーンと、レトロで硬派な印象を与える銅の輝きが絶妙なバランスでマッチしていて、めちゃくちゃかっこいい。

カスタム バイク NASA インディアン・モーターサイクル オートバイ シートは板状の珍しいタイプ
カスタム バイク NASA インディアン・モーターサイクル オートバイ 銅板に空いた穴をチェーンが通る構造。ここ好き

 コンテストで優勝したJuarezさんには賞金として1万ドルがプレゼントされました。さらに海外の人気バイク雑誌「HOT BIKE」で彼のカスタムバイクを細かく紹介する特集記事が作られるそうです。

カスタム バイク NASA インディアン・モーターサイクル オートバイ ほかのファイナリストによる作品もインディアン・モーターサイクルの公式サイトで紹介されています
カスタム バイク NASA インディアン・モーターサイクル オートバイ どれもかっこいいカスタムに仕上げられています

春山優花里@haruYasy.

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.