ニュース
» 2018年08月30日 21時44分 公開

仕事の教え方の理想がここに 発達障がい者への支援を目的として作成された「職場で使える『虎の巻』」

もともとは2009年に作成されたもの。

[ねとらぼ]

 職場での指導方法を巡るイラストがTwitterで注目されています。もともとは平成21年(2009年)度に札幌市が「職場で使える『虎の巻』」として発達障がいの人への支援を目的としたものですが、今回あらためて脚光を浴びた形です。

 発達障がいの障がい特性を踏まえ、周囲の人と起こりがちな思い違いや対応方法をイラストで視覚化。監修として精神科医の医学的観点を加え、発達障がい者の職場を支援するツールとして作成されています。このイラストでは、とあるベーカリーに勤める男性と仕事を教える上司が登場し、トラブルになりそうな互いの認識の違いと、その解決策になるポイントを紹介しています。


職場で使える虎の巻 (画像は札幌市のサイトより)

 例えば、「(パンに)適当にクリームを塗っといて」と指示を受けた男性は上司の想定以上のクリームをパンに塗ってしまいトラブルに。「どれくらい塗るか教えてくれなかった」「こんなに塗るなんて普通に考えてありえない」と認識がすれ違ってしまいますが、「こうやって塗ってください」と見本を見せることで上司のイメージ通りの仕事がこなせるようになります。


職場で使える虎の巻 得意な仕事を任せることで達人に

職場で使える虎の巻 優先順位を明確にすることで効率アップ

職場で使える虎の巻 指示系統を伝えることで積極性も生まれます

 その他にも「なんでもやらせるのではなく得意なことを任せる」「優先順位を伝える」「指示系統を伝え、積極的に仕事させるようにする」など、仕事の教え方について紹介。前述の通り、本来は発達障がいの人への支援を目的として作られたものですが、Twitterには「分かりやすい」「教える側の指示も分かりやすくないといけない」などの声が寄せられ、多くの人から共感を集めることに。このツイートは現在4万回以上のRTと、8万以上のいいねを集め、今も拡散が続いています。


職場で使える虎の巻 期限を明確にするのも大事

職場で使える虎の巻 誰もがおしゃべりが好きなわけではありません

 札幌市のサイトでは、Twitterで注目を集めた「職場で使える『虎の巻』」だけでなく、「暮らしで使える『虎の巻』」「学校で使える『虎の巻』」「子育てで使える『虎の巻』」なども公開中です

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた