ニュース
» 2018年08月31日 22時00分 公開

「賢者タイム」は男性だけのものではなかった? TENGAが「賢者タイム」についての調査結果を発表

あの「TENGA」がマジメに調べています。

[辰井裕紀,ねとらぼ]

 TENGAは8月27日、ニュースレター「月刊TENGA」(リンク先18歳以上対象)上で、その定義や使われ方が実は曖昧な「賢者タイム」に関して、20〜34歳の男女各100人を対象としたアンケート調査を行いました。なかなか興味深い結果が出ています。


賢者タイム 気合の入った題字

 まずはそもそも「Q.賢者タイムになったことがありますか」という質問。やはり男性は経験率が高く、96%が「ある」と回答。一方で、女性でも64%が「ある」と回答しています。「賢者タイム」といえば男性だけのものという認識がある人も多かったと思いますが、女性でも半分以上が経験していたというアンケート結果に。


賢者タイム SEX後の賢者タイムの有無に男女で開きが……

 さらに「Q.賢者タイムになるのはどういうときですか」という質問では、男女ともに「マスターベーション後」(男性86.5%、女性71.9%)がやはり最多。しかし一方で、「SEX後」になると男性は63.5%、女性は40.6%と大きく減少することも分かりました。特に女性の減少幅が大きいことについては、「女性はSEXでは”達していない“ことが原因?」とも考察されています。

 この他、男女で大きな違いが見られたのは「賢者タイムの長さ」。こちらは男性の約25分に対し、女性はわずか6分というアンケート結果に。どうやら女性は男性に比べて、約4分の1の時間で賢者タイムから回復できるようです。


賢者タイム

 なお、賢者タイムになったときの「Q.ポジティブ&ネガティブな気分トップ5」では、ポジティブ1位が「性欲が収まった(126票)」、ネガティブ1位は「身体を動かす気がなくなった(141票)」と順当な結果に。そんな中、ちょっと気になったのがポジティブ5位の「何らかの悟りが開けた気がする(38票)」。あの後は、本当の賢者が生まれる瞬間ということなのでしょうか……?


賢者タイム 「悟りが開けた」?

 さらにレポート内では、世界の賢者タイム事情まで紹介。例えばアメリカのネットスラングでも「賢者タイム」はそのまま「Kenjataimu」となっており、意味は「人が性的快感を得た際に、性的欲求から解放され明晰に物を考えられる期間」なのだとか。なお韓国では「ヒョンジャタイム」中国では「聖人摸式」と呼ばれているそうです。


賢者タイム アメリカのネットスラングになった「Kenjataimu」

 TENGAらしいこの研究では、このほかにも「TENGA社員による、マスターベーション前後の数値測定(25m走、反復横跳び、計算問題)」などの調査が行われています。興味のある方はニュースレター「月刊TENGA」で全てのレポートを読むことができます。


※画像提供:TENGA


辰井裕紀


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.