ニュース
» 2018年09月05日 13時51分 公開

重い荷物も坂道も、これちょっといいな! “らくらく”電動アシストキャリーカート「rakuSaka ラクサカ」登場

みんな、将来使うようになるはず。

[カナブンさん,ねとらぼ]

 RT.ワークスは、路面状況に応じてアシスト力を自動で切り替える機能を搭載した「電動キャリーカート rakuSaka(ラクサカ)」を2018年9月4日に発売しました。

ラクサカ 電動キャリーカート rakuSaka(ラクサカ)

 ラクサカは、センサーとモーターを内蔵し、傾斜に応じて電動アシストが働くキャリーカート。坂道でも荷物を楽に運ぶことができます。利用者に合わせてM(カラーはレッド)とL(カラーはスペースグレー)、2種類のサイズを用意します。価格はオープン、想定実売価格は11万円前後です。

ラクサカ 平地でもアシスト

ラクサカ 坂道ではさらにアシストする

ラクサカ 下り阪では弱いブレーキがかかる

 キャリーカート/シルバーカーは、買い物袋などの日常の荷物を楽に運べ、また疲れたら座って休憩できる作りになっています。ただ、上り坂では重くなり、逆に下り坂では自身では制御できないほどに加速してしまって危険が生じる可能性もあります。ラクサカはアシスト機能によってこの課題に対処できます。

 本体重量は約9キロで、バッテリーの連続動作時間は最大で4時間。最大10キロの荷物を運べます。ワンアクションで折りたたみでき、クルマへの収納も容易。Mサイズ、Lサイズともに身長に合わせてハンドルの高さを6段階に調節できます。荷物がないときには、荷台に座ることもできるようになっています。

ラクサカ 買い物かごごと運ぶ

ラクサカ 荷物ボックスの運搬などにも

ラクサカ 手元のスイッチでアシスト力を調整可能

 荷物をもっと楽に運べるようになるカートということで、普段の買い物・お出かけ用途だけでなく、レジャー、ゴミ出し、新聞・リサイクル品運搬時など日常生活全般での活躍も期待されます。また、変革が進む自動車業界でも「社会として、これからなくてはならないもの」「これは未来の、私たちの足なのかもしれない」という考えで、自身が移動する手段を技術でサポートする「パーソナルモビリティ」と呼ばれる製品群の開発も盛んに進められています(関連記事)

 近い将来、スーパーや量販店にあるお買い物カート、運送業の台車、旅行用のキャリーケース、ベビーカーなどもこういった技術でもっと手軽になっていくのかもしれませんね。

(カナブンさん)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.