ニュース
» 2018年09月05日 13時51分 公開

重い荷物も坂道も、これちょっといいな! “らくらく”電動アシストキャリーカート「rakuSaka ラクサカ」登場

みんな、将来使うようになるはず。

[カナブンさん,ねとらぼ]

 RT.ワークスは、路面状況に応じてアシスト力を自動で切り替える機能を搭載した「電動キャリーカート rakuSaka(ラクサカ)」を2018年9月4日に発売しました。

ラクサカ 電動キャリーカート rakuSaka(ラクサカ)

 ラクサカは、センサーとモーターを内蔵し、傾斜に応じて電動アシストが働くキャリーカート。坂道でも荷物を楽に運ぶことができます。利用者に合わせてM(カラーはレッド)とL(カラーはスペースグレー)、2種類のサイズを用意します。価格はオープン、想定実売価格は11万円前後です。

ラクサカ 平地でもアシスト

ラクサカ 坂道ではさらにアシストする

ラクサカ 下り阪では弱いブレーキがかかる

 キャリーカート/シルバーカーは、買い物袋などの日常の荷物を楽に運べ、また疲れたら座って休憩できる作りになっています。ただ、上り坂では重くなり、逆に下り坂では自身では制御できないほどに加速してしまって危険が生じる可能性もあります。ラクサカはアシスト機能によってこの課題に対処できます。

 本体重量は約9キロで、バッテリーの連続動作時間は最大で4時間。最大10キロの荷物を運べます。ワンアクションで折りたたみでき、クルマへの収納も容易。Mサイズ、Lサイズともに身長に合わせてハンドルの高さを6段階に調節できます。荷物がないときには、荷台に座ることもできるようになっています。

ラクサカ 買い物かごごと運ぶ

ラクサカ 荷物ボックスの運搬などにも

ラクサカ 手元のスイッチでアシスト力を調整可能

 荷物をもっと楽に運べるようになるカートということで、普段の買い物・お出かけ用途だけでなく、レジャー、ゴミ出し、新聞・リサイクル品運搬時など日常生活全般での活躍も期待されます。また、変革が進む自動車業界でも「社会として、これからなくてはならないもの」「これは未来の、私たちの足なのかもしれない」という考えで、自身が移動する手段を技術でサポートする「パーソナルモビリティ」と呼ばれる製品群の開発も盛んに進められています(関連記事)

 近い将来、スーパーや量販店にあるお買い物カート、運送業の台車、旅行用のキャリーケース、ベビーカーなどもこういった技術でもっと手軽になっていくのかもしれませんね。

(カナブンさん)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」