ニュース
» 2018年09月06日 12時14分 公開

北海道地震、道内道路の通行状況まとめ

陸路も道内高速道路の各所で通行止めが発生しています。【更新:9月10日10時】道内高速道路は規制全解除。旭川電気軌道・沿岸バス運行の路線バスも9月8日始発から通常運行。

[ねとらぼ]

 2018年9月6日3時8分ごろ、北海道胆振地方中東部を中心に、最大震度7を観測する大きな地震がありました。震源地は胆振地方中東部で、震源の深さは約40キロ、地震の規模(マグニチュード)は6.7と推定されています。

 地震に伴う影響により、鉄道、空路、陸路の各交通機関で大きな影響が出ています。ここでは、高速道路を中心とした陸路の通行状況をまとめます。


高速道路(道央自動車道、道東自動車道、札樽自動車道)

2018年9月北海道地震 高速道路 高速道路運行状況(9月6日11時40分時点、ドライブトラフィックから)

 北海道内の高速道路は、札幌、千歳から伸びる各路線で通行止めとなっています。通行止め区間は以下の通り(9月6日11時時点)。

  • 道央自動車道(E5):札幌IC〜江別西IC(両方向)
  • 道央自動車道(E5):登別東IC〜札幌JCT(両方向)
  • 道東自動車道(E38):千歳恵庭JCT〜占冠IC(両方向)
  • 札樽自動車道(E5A):札幌JCT〜札幌西IC(両方向)
  • 日高自動車道(E63):苫小牧東IC〜沼ノ端西IC(両方向)

 通行止め区間では、警察、消防、救急関係車両、自衛隊、DMAT(災害派遣医療チーム)関係車両など緊急車両の通行措置を実施しており、一般車は通行できません。

2018年9月北海道地震 高速道路 高速道路通行止め状況(9月6日11時40分時点)

 【更新】日高自動車道(E63)苫小牧東IC〜沼ノ端西IC、通行止め解除(9月6日11時50分時点)

2018年9月北海道地震 高速道路 高速道路通行状況(9月6日13時30分時点)

 【更新:9月6日13時50分】通行止め区間は以下の通り(9月6日13時30分時点)。

  • 道央自動車道(E5):札幌南IC〜江別西IC(両方向)
  • 札樽自動車道(E5A):札幌JCT〜札幌西IC(両方向)
  • 道東自動車道(E38):千歳恵庭JCT〜占冠IC(両方向)

 道央道の札幌南IC〜札幌JCTと札樽道の札幌JCT〜札幌西ICは、周辺道路が信号停電により混雑しているため、通行止めを継続しています。道央自動車道(E5)の「北広島IC」(両方向の入口・出口)と「千歳IC」(両方向の出口)はインターチェンジを一時閉鎖しています。

2018年9月北海道地震 高速道路 高速道路通行止め状況(9月6日13時30分時点)

 また、道央道 札幌南IC〜北広島IC間(函館方面)で路面の段差、亀裂が確認されています。

2018年9月北海道地震 高速道路 道央道 札幌南IC〜北広島IC間(函館方向)で確認された段差(写真:NEXCO東日本 9月6日10時30分ごろ撮影)

 【更新:9月6日17時】道央自動車道 札幌JCT〜江別西IC以外、通行止め解除。接続する一般道の信号停電による混雑のため、道央自動車道(E5)の「札幌IC」(上り方向出口)、「北広島IC」(両方向の入口・出口)、「千歳IC」(両方向の出口)、札樽自動車道(E5A)の「新川IC」(小樽方向の出口)で出入口利用不可(9月6日16時45分時点)。

2018年9月北海道地震 高速道路 高速道路通行止め状況(9月6日16時45分時点)
2018年9月北海道地震 高速道路 高速道路通行状況(9月6日17時10分時点)

 【更新:9月7日10時】道央自動車道「北広島IC」(両方向の入口・出口)以外のインターチェンジ封鎖が解除されました(9月7日9時10分時点)。

2018年9月北海道地震 高速道路 高速道路通行止め状況(9月7日9時10分時点)

 【更新】規制全解除(9月7日14時00分時点)。

2018年9月北海道地震 高速道路 高速道路通行止め状況(9月7日14時00分時点)

 【更新】道内高速道路のガソリンスタンドは、燃料供給不足のため給油制限を行い営業。在庫がなくなり次第営業を休止する旨を告知しています。(9月7日時点)。

 【更新】NECXO東日本北海道支社は当面の間、節電施策を行うと発表しました(9月10日時点)。

  • 全てのトンネル(55カ所)で、安全走行が可能な範囲で減灯
  • 全ての道路情報板(330面)で、通行止めや事故情報など緊急情報の提供時以外は消灯
  • サービスエリア、パーキングエリアの店舗および従業員スペースで、照明の間引きや空調の省エネ設定、トイレにおけるエアータオルの停止、便座温度を最低に設定するなどを節電施策を実施
  • NEXCO東日本グループ社屋で、社屋照明の減灯やこまめな消灯及び電子機器の電源オフなどを徹底

旭川電気軌道

 路線バスの旭川電気軌道は、バス全便で運転を見合わせ。Webサイトアクセス不可(9月6日7時50分時点)。

 Webサイトは復旧。たいせつライナーは、停電と新千歳空港損壊の影響により全便運休。全車両出庫不可能な状況(9月6日10時30分時点)。

 【更新】9月6日は全便運休。9月7日以降の運行は停電の復旧状況に応じて判断すると告知。都市間バスたいせつライナーは、9月6日全便運休。9月7日は旭川駅6時発の1便、南千歳駅12時15分発の4便で運休を決定(9月6日16時50分時点)。

2018年9月北海道地震 旭川電気軌道 旭川電気軌道運行状況(9月6日16時50分時点)

 【更新】9月8日、始発から運行再開(9月7日20時25分時点)。

沿岸バス

 【更新:9月6日17時】路線バス運行の沿岸バスは、9月6日終日運休。9月7日は、朝6時までに停電復旧または復旧の見込みがない場合は、始発から運転見合わせ(9月6日15時45分時点)。

 札幌、留萌、羽幌、遠別、豊富、幌延に人員と車両の再配置を済ませ、9月7日以降は電力復旧状況に応じて運転再開可能と告知(9月6日15時54分時点)。

 【更新】9月8日は一部便を除いて再開。運休予定は特急はぼろ号 21便(羽幌本社6時20分発)、22便(豊富営業所5時35分発)、23便(豊富営業所7時55分発)、11便(札幌駅前8時発)、12便(札幌駅前10時発)。一般路線(郊外線、留萌市内線)は電力復旧/停電地域が入り交じっており、安全かつ円滑な輸送が見込めない状況です。電力復旧、安全確認をもって運転を再開予定としています(9月7日20時時点)。

2018年9月北海道地震 旭川電気軌道 沿岸バス運行状況(9月7日20時時点)

 【更新】9月8日午後までに全系統・全便の運転を再開しました(9月10日9時時点)。

【一般道含む】「通れた道マップ」でリアルタイム情報を随時確認

 通行実績、交通規制情報、Tプローブ交通情報(渋滞・混雑)を表示する「通れた道マップ」も、北海道地震の発生に応じて初期表示エリアを北海道に変更。地震の影響で通行止めとなった道、混雑している道を確認できます(関連記事)

2018年9月北海道地震 高速道路 トヨタ「通れた道マップ」による通行止め区間:函館付近(9月6日12時時点、通れた道マップから)
2018年9月北海道地震 高速道路 トヨタ「通れた道マップ」による通行止め区間:小牧付近(9月6日12時時点、通れた道マップから)
2018年9月北海道地震 高速道路 トヨタ「通れた道マップ」による通行止め区間:札幌市街地付近(9月6日12時時点、通れた道マップから)
2018年9月北海道地震 高速道路 トヨタ「通れた道マップ」による通行止め区間:トマム付近(9月6日12時時点、通れた道マップから)
2018年9月北海道地震 高速道路 トヨタ「通れた道マップ」による通行止め区間:札幌市街地付近(9月6日17時30分時点、通れた道マップから)
2018年9月北海道地震 高速道路 トヨタ「通れた道マップ」による通行止め区間:札幌、小牧付近(9月7日10時時点、通れた道マップから)
2018年9月北海道地震 高速道路 トヨタ「通れた道マップ」による通行止め区間:札幌市街地付近(9月7日10時時点、通れた道マップから)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.