ニュース
» 2018年09月08日 13時15分 公開

ドコモ、au、ソフトバンク 北海道胆振東部地震の被災者のデータ通信に支援措置

データ通信の速度制限解除や追加購入の無償化を実施しています。

[宮原れい,ねとらぼ]

 ドコモ、KDDI、ソフトバンクの大手携帯3社は、平成30年北海道胆振東部地震で被災した利用者のデータ通信に関する支援措置を発表しました。

 ドコモは、災害救助法が適用された地域に「契約者住所」または「請求書送付先住所」のいずれかがあるドコモ利用者に対し、9月30日までデータ通信の速度制限を解除。また今回の災害により携帯電話等を破損、故障、紛失した利用者には付属品の無償提供や故障修理代金の一部減額等を実施し、ドコモ光の利用者に関しても利用できない期間があった場合には基本料金等の無料化(※こちらは利用者による申出要)などを実施するとしています。


ドコモ au ソフトバンク 北海道 地震 データ通信 支援 ドコモの支援策

 KDDIは、災害救助法適用地域で対象の「データ定額サービス」または「料金プラン」に加入しているau利用者に対し、9月30日までデータ通信の速度制限を解除。また同じく対象の利用者が、9月6日以降の速度制限解除の実施までに行ったデータチャージ利用料金は請求しないとしています。


ドコモ au ソフトバンク 北海道 地震 データ通信 支援 KDDIの支援策

 ソフトバンクは、災害救助法適用地域でソフトバンクおよびワイモバイルのスマートフォン利用者に対し、1カ月分のデータの追加購入料金を無償化すると発表。請求月の末日まで実施します。


ドコモ au ソフトバンク 北海道 地震 データ通信 支援 ソフトバンクの支援策

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.