ニュース
» 2018年09月11日 09時00分 公開

VR空間の美術館で作品を間近で鑑賞できる 大日本印刷が「DNPバーチャルギャラリー」を開発

そのまま複製作品と交換できる機能も搭載。

[宮原れい,ねとらぼ]

 大日本印刷(DNP)は、仮想空間で絵画や彫刻などの作品を手に取っているかのように鑑賞できるシステム「DNP Virtual Gallery(バーチャルギャラリー)」を開発しました。


「DNP Virtual Gallery(バーチャルギャラリー)」紹介動画

 ヘッドマウントディスプレイを装着し、仮想現実(VR)空間に作られた仮想の美術館で作品を鑑賞します。現実世界とは違い、彫刻などの立体作品や絵画を実際に手に取っているかのように間近で鑑賞できるのが特徴で、ディテールも含めて楽しめます。


DNP Virtual Gallery バーチャルギャラリー 仮想空間 絵画 鑑賞 VR空間に飾られている作品を

DNP Virtual Gallery バーチャルギャラリー 仮想空間 絵画 鑑賞 実際に手に取るように間近で鑑賞できる

DNP Virtual Gallery バーチャルギャラリー 仮想空間 絵画 鑑賞 立体作品もぐるぐると鑑賞することが可能

 また作品の色調・質感などを忠実に再現する高精細な複製印刷技術を活用して、鑑賞と同時にそのまま複製作品の購入を行うことが可能です。申し込みをするとバーコードシートが出力され、複製作品と交換できる機能も搭載します。

 同システムでは「美術館の外観や内観」「作品別展示ルーム」「絵画の額」などをテンプレート化することで、短期間かつ低コストでの導入が可能に。なお、ギャラリー内の絨毯や額といったものは複数のテンプレートから選択できます。


DNP Virtual Gallery バーチャルギャラリー 仮想空間 絵画 鑑賞 ヘッドマウントディスプレイを装着して鑑賞

DNP Virtual Gallery バーチャルギャラリー 仮想空間 絵画 鑑賞 仮想空間内の美術館の外観

DNP Virtual Gallery バーチャルギャラリー 仮想空間 絵画 鑑賞 各作品のバーチャル展示ルーム(1フロアあたり10作品まで展示でき、フロア数を増やすと大量の展示も可能)

 価格は、初期導入費が200万円から、コンテンツ入替作業費が1回につき20万円から、リース費が1日あたり30万円から(すべて税別)。今後は美術館や博物館などに「バーチャルギャラリー」を提供しつつ、企業のショールームや販促キャンペーンなどにも活用する方針で、2020年度までに3億円の売上を目指すとしています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる