ニュース
» 2018年09月12日 16時35分 公開

PS4「スパイダーマン」を使ったプロポーズを計画した男性が発売直前に破局 “世界一悲しいイースターエッグかもしれない”と自虐

「交際相手であったMaddie氏が計画した男性の兄弟と付き合い始めたから」

[Ryuki Ishii,AUTOMATON]
AUTOMATON


イースターエッグ

 Insomniac Games(以下、Insomniac)が開発を担当したオープンワールド・アクションアドベンチャーゲーム「Marvel’s Spider-Man(スパイダーマン)」。プレイステーション 4専用タイトルとして9月7日に発売されてからSNSやTwitch上で盛り上がりを見せており、英国のパッケージ版セールス売上は2018年最速ペースであることが発表されている(関連記事)。

 実は本作では今年5月、Tyler Schultz氏というファンから開発元のInsomniac宛てに、彼女にプロポーズしたいのでゲーム内のどこかに「Madison、結婚してくれないか」というイースターエッグを仕込んで欲しいという要望が送られていた。Insomniacが、ゲームの発売予定日である9月7日まで本当に待てるのかどうかSchultz氏に確認したところ、「4月に5周年記念を迎えたばかりだし、9月まで交際は続いていると思うよ(笑)」と返答。この自信満々の返事を受けてInsomniacは「わかった、愛にノーとは言えないよ」とイースターエッグの実装を本格的に検討し始めた。

 その後7月30日になり、「スパイダーマン」の開発が完了したことが発表された。仮にゲームの発売が延期となっていれば、プロポーズの時期も変わってしまう恐れがあったが、9月7日のリリースに向けて順調に事が進んでいった。ところが完成報告から約1週間後の8月8日、発売まで残り1カ月を切ったところで、Schultz氏が「彼女と別れた」と発言(該当ツイート)。その後復縁することなく、9月7日の発売日を迎えることとなった。「Maddie、結婚してくれないか」というイースターエッグに関しては、約束通りゲーム内に仕組まれたまま発売された。

 PS4専用タイトル「スパイダーマン」といえば、発売前の宣伝にて、Marvelの映画作品やコミックスで慣れ親しまれたウェブ・スイングを見事に再現した爽快感たっぷりの高速移動、豊富なウェブ技・ガジェットにより派手なコンボを繰り出せる自由度の高い戦闘など、完成度の高いゲームプレイの部分が強く打ち出され注目を集めていった作品。ゲームの発売後も、さまざまなオプションを搭載したフォトモード、多彩なコスチューム、原作ファン向けのイースターエッグなど、プレイヤーが自発的にゲームを広めたくなるような機能の数々によりコミュニティーを沸かせている。Schultz氏が提案したイースターエッグも、「「スパイダーマン」を使ったプロポーズにより結ばれたカップル」という、めでたいエピソードとして取り上げられ拡散されていくと想定されていたことだろう。だが、このイースターエッグは感動秘話ではなく悲劇のリマインダーとして語り継がれることとなった。

 Schultz氏は、恋人と破局した理由について自身のYouTubeチャンネルにて、交際相手であったMaddie氏がSchultz氏の兄弟と付き合い始めたからだと説明(現在は動画削除済み)。ゲームを使って告白するというアイデアについても、そもそも彼女が望んでいたプロポーズ方法ではないといわれていたそうだ。こうした事情を受けてSchultz氏は「ゲームの歴史上、最も悲しいイースターエッグかもしれない」と述べている。なお元恋人のMaddie氏は海外メディアのKotakuに対し、Schultz氏の兄弟との交際が始まったのはSchultz氏と同時期ではなく、別れてからだと反論している。


イースターエッグ

 ただSchultz氏にとって完全なバッドエンドであったかというと、そうでもない。プロポーズ用のイースターエッグをゲームに仕込んでもらうというムチャな願いをかなえてくれたことに感謝の意を示しており、ゲーム内に仕組まれたメッセージを見ることで破局を乗り切ることができたとも述べている。またSchultz氏のもとにはコミュニティーから温かいメッセージがたくさん寄せられているとのことで、今回の一件にはポジティブな側面もあったようだ。

 なお本作のアートディレクターJacinda Chew氏は、今後のアップデートにより看板の文言を変更したいかどうか、Schultz氏にヒアリングを行っており、Schultz氏は「アイデアを送ってもよいですか」と応答している(ComicBook.com)。具体的にどのようなアイデアなのかというと、Schultz氏は先述したKotakuに対し、ゲーム内メッセージをがんで亡くなった彼の祖母に向けたものに変えたいと伝えている。彼の祖母は、Schultz氏にスパイダーマンのコミックを買い与え、シリーズのファンになるきっかけをつくってくれた人物でもあるからだ。近い日にSchultz氏からの新しいメッセージを確認できるようになるかもしれない。

※追記 2018/09/10 23:25 プロポーズメッセージの場所はFinancial District西北部


イースターエッグ

関連記事

Copyright (C) AUTOMATON. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/03/news042.jpg 高木菜那、30歳の誕生日に“イケメン”ショット かき上げ赤リップに「誰だ!? この色男!!」「ヴィジュアル系みたい」
  2. /nl/articles/2207/03/news051.jpg 元キャバ嬢・エンリケ、短期間の6キロ減で「初の救急搬送」 “無理な食事制限”で卒倒 「身体に負担かけてた」
  3. /nl/articles/2206/28/news176.jpg 「別れても好きな人」の歌詞通り渋谷から歩いたらどうなる?→約16キロの過酷な道程が発覚、驚きと笑いを呼ぶ
  4. /nl/articles/2207/02/news083.jpg 木村多江、土屋太鳳からの直筆手紙に喜び 特徴的な“フォント風文字”に「誠実ですね!」「字でわかる」の声
  5. /nl/articles/2207/03/news003.jpg 塀に並んだハスキー型のマスク、よく見てみると…… 本物のハスキーがのぞいている姿に「作った人は天才w」の声【英】
  6. /nl/articles/2207/03/news009.jpg 飼い主のごはんを見たワンコ→「これと交換どうですか?」 食べかけのおやつで物々交換をねだる賢さに称賛の声
  7. /nl/articles/2207/02/news073.jpg 桃井かおり、「GLAY」TAKURO夫婦とLAで遭遇 豪華ショットに「スターがスターにバッタリ」「凄すぎる〜!」
  8. /nl/articles/2206/28/news144.jpg なでなでしていたら突然スズメが豹変して……? “鳥がいかに理不尽かが良くわかる動画”に共感の声
  9. /nl/articles/2207/02/news066.jpg 香取慎吾&草なぎ剛、少しいいとこ住んでそうな“阿佐ヶ谷姉妹風”ショット 「クオリティー高い!」「違和感なさすぎ」
  10. /nl/articles/2207/02/news001.jpg お兄ちゃん猫が、子猫をぎゅっと抱きしめてすやすや 2匹とも幸せそうな寝顔に「幸せ涙が溢れてくる」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」