ニュース
» 2018年09月13日 15時18分 公開

今ある自転車を約20分で電アシ化! 後付け電動アシスト化キット「bimoz」が日本でもクラウドファンディング開始へ(1/2 ページ)

多くの自転車に対応できて軽量、がウリ。

[agar,ねとらぼ]

 普通の自転車を電動アシスト対応にするという後付けキット「bimoz」が、2018年9月下旬に日本でクラウドファンディングを行うと告知しました。

bimoz bimoz
Bimoz; das leichteste E-Bike Nachrust-Set(YouTube/bimoz)

 bimozは、今ある自転車を電動アシスト対応にできるという後付けキット。海外クラウドファンディングサイト「Indiegogo」でのプロジェクトで147万ドル(約1億6400万円)の支援を集め製品化に至りました。

 取り付けは20分ほどで完了するそうです。装着する自転車のクランクとボトムブラケットを外し、キットのモーターやクランクを同軸上に装着するだけ。ボトルケージ部分などの空きスペースにバッテリーを固定し、動作を制御するリモコンを適当な位置に取り付ければ完成です。

モーターとバッテリー、リモコンを取り付けるだけ モーターとバッテリー、リモコンを取り付けるだけ

 同社は、愛用するロードサイクルを始め、多くの自転車に対応できること、そしてキット重量を2キロほどに抑えた軽量さをメリットとしています。課題はキット価格でしょうか。Indiegogoのプロジェクトにおける参考価格は、基本セット1台「STARTER KIT」の早期支援特典価格(46%オフ)で899ドル(約10万円)、通常価格は1699ドル(約19万円)です。2キロ増ほどで済むならばロード乗り、スポーツ車ユーザー以外に、通勤通学ユーザーなどにも需要があるかもしれないと思いましたが、19万円ほどならば新品の方が……。どうでしょうかね。

 また日本で販売するとなると、電動アシストの出力、アシスト比率に規制もあります。日本市場向けに現行の電動アシスト自転車と大きく変わらない程度に性能を抑えた仕様での登場が予想されます。

20分ほどで装着できます 20分ほどで自転車に装着可能
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む