ニュース
» 2018年09月15日 12時50分 公開

40年経っても変わらない味 ヤマハの定番バイク「SR400」復活、40周年記念モデルも限定発売 (1/2)

レトロな定番バイク「SR」がモデルチェンジ。

[agar,ねとらぼ]

 ヤマハ発動機は、ネイキッドバイク「SR400」に排出ガス規制への対応などの改良を施した新モデルを発表。同車種のデビュー40周年を記念した限定モデルとあわせて、2018年11月22日に発売します。

SR400 ヤマハ 40周年 バイク SR400(写真はヤマハ発動機より)

 1978年にデビューしたSR400は、伝統的なネイキッドスタイルに、シンプルで鼓動感が楽しめる399ccの空冷単気筒エンジンを搭載するバイク。クラシカルな外観だけではなく、スポークホイールやドラムブレーキ(後輪)、キックペダルを踏みおろすことでエンジンがかかるキックスターターを採用するなど、古き良き時代の面影を残したバイクとなっています。

 新型でも従来モデルの持ち味は変わらず、外観や性能、装備に大幅な変更は加えられていません。先代モデルは、厳しくなった排出ガス規制の影響を受けて2017年に生産を終了していましたが、今回はマフラーの変更をはじめとして、新基準でも生産を続けられるよう環境対策を施すといった改良が加えられています。

SR400 ヤマハ 40周年 バイク セルフスターターではなく、昔ながらのキックスターターを採用
SR400 ヤマハ 40周年 バイク

 SR400の新モデルは、ヤマハブラックとグレーイッシュブルーメタリック4の2色展開となっており、価格は57万2400円(税込)。

 また、デビュー40周年を記念したモデル「SR400 40th Anniversary Edition」も数量限定でラインアップされており、こちらはより所有感を満たす装飾が施されています。SRの歴史や世界観を表現したモデルとして、タンクの塗装はギターなどで見られるサンバースト塗装、職人による手塗りで仕上げられ、真鍮製エンブレムやレザー調シートを装備。メーターパネルには40周年記念のロゴ入りです。生産台数は500台のみとなっており、価格は69万1200円(税込)です。

SR400 ヤマハ 40周年 バイク SR400 40th Anniversary Edition
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」