ニュース
» 2018年09月15日 20時07分 公開

Steam初の無修正アダルトゲーム「Negligee: Love Stories」、日本を含む26か国で販売できず 各国の法に準拠するため

ですよね……。

[Minoru Umise,AUTOMATON]
AUTOMATON


Steam 美少女ゲーム

 ゲームスタジオDharker Studiosは9月14日、美少女ゲーム「Negligee: Love Stories」のSteam版を、日本を含めた26か国で販売できないことを発表した。対象国のユーザーは、同作にSteamページにアクセスすることもできず、ストアページにアクセスしてもトップページに飛ばされる形となっている。配信がかなわなかった国は以下の通り。


  • 日本
  • マレーシア
  • ボツワナ
  • エジプト
  • モロッコ
  • ナイジェリア
  • 南アフリカ
  • スーダン
  • ウガンダ
  • バングラデシュ
  • 中国
  • レバノン
  • 韓国
  • パキスタン
  • サウジアラビア
  • トルクメニスタン
  • ベラルーシ
  • アイスランド
  • ウクライナ
  • ロシア
  • オーストラリア
  • パプアニューギニア
  • ガイアナ
  • イラク
  • UAE
  • ドイツ


 「Negligee: Love Stories」は“ネグリジェ”をテーマとした美少女ゲームであり、ヒロインたちとの恋模様を楽しむことができる。本作は、Steam向けの「100%無規制(100% uncensored)」アダルトゲームとして注目を集めた作品でもある(関連記事)。Steamではこれまで、過激な性描写の多い作品の配信は許されておらず、いわゆるアダルトゲームも表現を控えた全年齢版として販売されており、そのまま楽しむか外部パッチでこっそり解禁するかという形で配信されていた。しかしSteamを運営するValveは今年(2018年)の6月、荒らしや違法を除くすべてのコンテンツを容認すると発表し、それを実現するためのフィルターの整備を進めると告知。9月を過ぎてようやくフィルターが完成し、フィルターの整理を理由に配信が差し止められていた美少女ゲームが配信され始めた。そのうちのひとつが、「Negligee: Love Stories」だったわけだ。


Steam 美少女ゲーム 全年齢向けの前作「Negligee」は日本人ユーザーも引き続き購入可

 Dharker Studiosは今回26か国にて販売禁止になったことについて、地域ごとの法律の問題が原因だとしている。あわせて、Steam初の「100%無規制(100% uncensored)」アダルトゲームということで、注目を集めたこともひとつの原因であるともしている。販売国制限が必要ないことを願っているものの、法律に適用していくほかなく、現在Steamでアダルトゲームを販売するにあたって不自由な点であるともし、販売禁止国の対象になったユーザーには、無規制版を公式サイト(およびNutaku)で購入することを勧めている。

 また同スタジオは、「Negligee: Love Stories」の規制版が存在しないがゆえに、販売禁止国ではゲーム自体を販売できないとも語っている。「Negligee: Love Stories」は、アダルトゲームであると同時に、無修正ゲームでもある。モザイクがかかっていないことから、少なくない国から販売禁止という措置になったのかもしれない。またDharker Studiosは、適切な年齢認証サービスが用意されているプラットフォームであれば購入可能であるとも話している。Steamに存在するのは、簡易的な年齢確認のプロセスのみ。Steamには各国の法に適した年齢認証システムが存在していないがゆえに、販売禁止となっている対象国もあるのかもしれない。

 ほかの無規制アダルトゲームはというと、先日のアップデートによって無規制版になった「Meltys Quest」は現在もSteamにて配信中。ただし、同作においては14日夜に日本語版が配信されており、Steamプロパティにて言語を変更することでプレイ可能。英語版にはモザイクが存在しないことに対して、日本語版はモザイクが導入されていることを確認している。Steamでは、言語を変えればビルドも異なってくる。「Meltys Quest」のように、無規制版と規制版のビルドを用意し、地域ごとにあわせた配信を進めるのは、今のところはひとつの案ではあるだろう。


Steam 美少女ゲーム バージョン1.2bから日本語で遊べる「Meltys Quest」

 「Meltys Quest」の日本語版は、規制版ではあるものの、そもそも性表現はそれなりに過激。はっきり乳頭や性交描写もされており、従来のSteamストアで配信が許されなかったような内容である。ただし、こうした英語と日本語に分けて表現を変える手法をとるのも、Steamでは珍しい例。「Meltys Quest」の配信形態に問題がないと断言するには、経過を見る必要がありそうだ。もしこの形態が問題ないとすれば、日本の美少女メーカーも同様の手法がとれるかもしれない。

 なお、Steamでモザイクなしの無修正タイトルが配信可能になったことは事実であるが、あくまでそれは海外向けの話。そのため、100% uncensoredという言葉は無修正というよりは、Steamからの規制を受けない「無規制」という意味として捉えると分かりやすいかもしれない。一方で、いくらかの規制は存在するものの、Valveが性表現の過激なタイトルの配信を容認し始めたのも、事実である。国内向けに販売されているような、モザイクありの成人向け美少女ゲームが、Steamで販売されていくのか。今後はこの点にも注目していきたい。


関連記事


Copyright (C) AUTOMATON. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/16/news095.jpg 中国版「FGO」で中国系キャラクターの名前・イラストが突然変更に 虞美人(アサシン)は「暗匿者230」、始皇帝は「裁定者229」に
  2. /nl/articles/2109/16/news101.jpg 光浦靖子、初めての“カナダ留学レポ”に反響 ナイアガラの滝観光ショットに「お元気そうでよかった」
  3. /nl/articles/2109/15/news022.jpg 豆柴の赤ちゃんから手を離すと…… “秒で寝た笑”かわいすぎる寝落ちに「心が浄化される」「母性が目覚める」
  4. /nl/articles/2109/16/news027.jpg 張り切って“アゴ乗せ”に挑戦したハスキー、しかし…… おちゃめに間違えたワンコの「てへぺろ」がかわいい
  5. /nl/articles/2109/15/news169.jpg オンライン麻雀ゲーム「姫雀鬼」、サービス開始と同時にサービス終了発表で話題に Twitterではバグ報告多数
  6. /nl/articles/2109/16/news126.jpg ダレノガレ明美、元保護犬リッツの早い旅立ちを報告 がんを何年も放置したブリーダーへ「本当に許せない」
  7. /nl/articles/2109/12/news041.jpg 小学生のころのトラウマ漫画がつらい 美術館の撮影OKゾーンで撮っていたら「常識ないのか」「全部消しなさい」
  8. /nl/articles/2109/16/news093.jpg あびる優「私の気持ちは私の中にしまっておきます」 核心に触れず、周囲から多くの声が届いていること明かす
  9. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  10. /nl/articles/2109/15/news175.jpg 「デンジャラス」ノッチの次女、完治困難な異汗性湿疹で“電流療法” 1年ごしの成果に妻も満足 「痛みの方が耐えられる」

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」