ニュース
» 2018年09月16日 19時00分 公開

なかなくなったせみは、なにをしていますか? こぐまのケーキ屋さん(33)「せみのこえ」おまとめ こぐまのケーキ屋さん

夏休みを振り返って笑顔になるこぐまさんにほっこり。

[カメントツ,ねとらぼ]

こぐまのケーキ屋さん

 漫画家のカメントツ先生(@computerozi)がTwitter上で連載中の「こぐまのケーキ屋さん」。今週は第161話〜第165話を振り返ります。


作者:カメントツ

こぐまのケーキ屋さん

1986年生まれ、愛知県出身。デザイナー、イラストレーターを経て2014年から漫画家としての活動を開始。現在は小学館「ゲッサン」で「スタッフがおいしくいただきました」連載中。ほか代表作に、「カメントツのルポ漫画地獄」(オモコロ)、「カメントツの漫画ならず道」(ゲッサン)など。

Twitter:@computerozi




「おもいだせません…」


こぐまのケーキ屋さん


「えにっき」


こぐまのケーキ屋さん


「せみのこえ」


こぐまのケーキ屋さん


「じてんしゃ」


こぐまのケーキ屋さん


「おれおれ」


こぐまのケーキ屋さん


夏の思い出と夏の終わり

 忘れていた「夏休みの宿題」を急いで進めるこぐまのケーキ屋さん。頭から湯気が出るほどがんばった結果、ついに「絵日記」を残すだけになります。1日目、2日目、3日目、4日目と描いていくごとに笑顔になっていくこぐまさんが描くのは、いろいろなケーキを作った思い出。そのうれしくて楽しくて幸せな日々には、いつも隣に店員さんの姿があったのでした。振り返るだけで笑みがこぼれるっていいな!


こぐまのケーキ屋さん

 そして163話「せみのこえ」では、いつの間にか聞こえなくなった蝉の鳴き声に「なかなくなったせみは、なにをしていますか? きゅうけいですか?」と疑問に思うこぐまさんが描かれます。夏が終わって秋がくる。でも中には夏と一緒に消えゆく命もある。そんな切ない事実を、はぐらかさずに「やっぱり僕は、本当の事を教えたい」と思う店員さん。表情は見えませんが、店長を思うからこそ伝えなくちゃいけないと決心する店員さんの心の内を想像して、なんだか胸にジーンときます。本当に2人は家族みたいだなあ……。


こぐまのケーキ屋さん

 季節の変わり目、特に夏の終わりには、なぜだか少しもの憂い気分になったりしますが、今回はそういった心に寄り添うようなエピソードだとも感じました。なかなかすぐに気分を切り替えることは難しいですが、こぐまのケーキ屋さんと一緒に次の季節に向けて歩き出せた気がします。

 ちなみに165話「おれおれ」は、タイトル通り“オレオレ詐欺(振り込め詐欺)”を扱ったもので、カメントツ先生の実家に詐欺の電話がかかってきたことから描かれました。巧妙化する手口に注意しようと思うと同時に、あらためて店員さんがいてくれて良かったと感じる回でもありました。店長だけだったら危なかったかもしれない……!




これまでのこぐまのケーキ屋さん一覧



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響