ニュース
» 2018年09月17日 13時37分 公開

食中毒が発生した「モスバーガー」に行政処分 茅野沖田店が3日間の営業停止

3日間の営業停止処分となります。

[クラタマスミ,ねとらぼ]

 ハンバーガーチェーン「モスバーガー」を運営するモスフードサービスは、9月16日、「モスバーガー 茅野沖田店」が、保健所より行政処分を受けたことを発表しました。



 「モスバーガー」での食中毒発生は、8月10日から23日の間に関東・甲信地域のモスバーガー19店舗を利用したことが分かっている28人が、腸管出血性大腸菌であるO121に感染していたことが判明したため明らかになりました。そして、9月10日にはモスフードサービスが謝罪コメントを発表していました。

 食中毒発生以降、関係自治体および厚生労働省が調査を続けています。すでに「モスバーガー アリオ上田店」が営業停止処分を受けていましたが、今回あらたに「モスバーガー 茅野沖田店」が長野県諏訪保健所より行政処分を受けました。同店は、9月5日に保健所の店舗立ち入り検査を受け、2人の患者からの病因物質の遺伝子が一致していることが判明し、処分が確定したというものです。これに伴い、同店は2018年9月16日から18日までの3日間、営業停止になります。


モスバーガー 公式サイトより)

 モスフードサービスでは、食中毒の再発防止策を徹底していくことを告知。生鮮野菜は、より一層、有効性の高い洗浄、除菌方法の選定・導入。パティ(肉)、加工野菜(カットオニオン)、生鮮野菜の検査項目に関しては、これまでの検査項目に加え、さらに腸管出血性大腸菌O121なども検査項目として追加するとのことです。


(クラタマスミ)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.