ニュース
» 2018年09月18日 11時30分 公開

夢が広がる香りの世界 自分だけの“オリジナル香水”を相談できるお店「KAORI BAR FINCA」

絶対に楽しいやつ……!【修正】

[ささにしき,ねとらぼ]

 日常生活でも身につけられて、ふとした瞬間にイメージを楽しめるグッズ。それは香水。自分の好きなものをイメージした、自分だけの香りが欲しい――そんな願いをかなえるお店が新宿にあります。

 さまざまな香水を組み合わせることで、イメージにぴったりの香水を提案してくれる「KAORI BAR FINCA」さん。「世界に類を見ない、圧倒的な独創性とエンタテイメント性を具現化したユニークな香りのショットバーFINCA」をコンセプトに、2017年7月に開店したオリジナル香水ショップです。


香水店内 「KAORI BAR FINCA」店内


香水ボトル 香水ボトルがズラッと並んでいます

 約50種類の香水がショットバーのように並んでいる姿は圧巻です。好きな香水の組み合わせを選び、肌の上で重ねてブレンドすることで、自分だけの香水を作れます。

 「KAORI BAR FINCA」FINCA香水事業部の北郷さんに、オリジナル香水ができるまでについて、お話を伺いました。

――オリジナル香水を提案するとき、初めはどのように香水を選んでいくのかについて、教えてください。

 まずはお客さまがどんな香りをお探しか、どんな香りをイメージしているのかをヒアリングします。

 好きな人、彼氏、友達、生き物、無機物――などをイメージした香水をご希望の場合は、イメージをもとに香りを重ねづけ(トッピングフレグランス)して、いくつかご提案していきます。

 まずは2種類の香りを試香紙に重ねづけしたものを3パターンぐらい試してもらいます。それから「もっと甘く」「もっとセクシーに」などお客さまの要望に合わせて、2種類のうちの1種類を変えたり、お客さまが気に入ったベースの香りを使って、もう一方を別の香りでいろいろ試してもらい、イメージに近づけていきます。

 場合によって、3〜4種類の重ねづけをされる方もいますが、液体をブレンドしているのではなく重ねづけなので香りにブレが出て再現が難しかったり、重ねづけする作業が面倒だったりするので、基本的に2種類で組み合わせます。

 その後は付ける量や順番でも少しニュアンスが変わりますが、片方の香りを変えてみたりしてイメージに近づけていく感じです。

 香りが決まれば量をヒアリングします。15〜100ミリリットルまでのお好きな量を選べます。15ミリリットルでの販売は8月中で終了し、今後は最低量を20か30ミリリットルにしようかと検討中です。

――とても丁寧に、香水を選んでいくんですね。どのくらい時間をかけられるんですか?

 多くの香りの中から選んでいただくので、1人のお客さまにつき30分〜1時間はかかっています。


香水画像 香水イメージ

――そんなに! どんなイメージのものでも対応をしていただけるんでしょうか?

 どんなイメージでも対応できるようにはしたいと思っています。中にはペット、モンスター、風景などの画像を見せてくれる方もいらっしゃるんですよ。

 ちなみに当店では香りの原料を合わせているのではなく、すでに仕上がった香りを重ねづけしているので、何かの香りに限りなく近づけるというのは難しいです。お客さまとご相談しながら、お客さまの中のイメージに近づけていくようにしています。

――香水を組み合わせているとき、何を一番大事にされていますか?

 こちらから「こういう香りですか?」と提案もしますが、最終的には、お客さまのイメージしている香りがあるので、それをくみ取って香りを合わせていく事を大事にしています。

――現在はどのような入店システムなのでしょうか?

 整理券での入店対応をしています。長い待ち時間や長蛇の列が発生してしまうので、落ち着くまでは整理券での対応を考えています。


 香水およびオードトワレは少量から購入できます。香水は1ミリ、5ミリ、10ミリ、60ミリから(1ミリ/324円〜)、オードトワレは30ミリ、60ミリ、100ミリ(30ミリ/2052円〜)から選べます。自分の好きなものをイメージした香りに包まれれば、普通の毎日がちょっと非日常になりそうですね。

店舗情報

「KAORI BAR FINCA」

住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿1-34-15 新宿エステートビルB1

TEL:03-6709-8952

営業時間:11〜20時

定休日:水曜日

公式サイト

【修正:9月18日14時40分 タイトル・本文の一部を修正しました。】



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響