ニュース
» 2018年09月18日 11時30分 公開

夢が広がる香りの世界 自分だけの“オリジナル香水”を相談できるお店「KAORI BAR FINCA」

絶対に楽しいやつ……!【修正】

[ささにしき,ねとらぼ]

 日常生活でも身につけられて、ふとした瞬間にイメージを楽しめるグッズ。それは香水。自分の好きなものをイメージした、自分だけの香りが欲しい――そんな願いをかなえるお店が新宿にあります。

 さまざまな香水を組み合わせることで、イメージにぴったりの香水を提案してくれる「KAORI BAR FINCA」さん。「世界に類を見ない、圧倒的な独創性とエンタテイメント性を具現化したユニークな香りのショットバーFINCA」をコンセプトに、2017年7月に開店したオリジナル香水ショップです。


香水店内 「KAORI BAR FINCA」店内


香水ボトル 香水ボトルがズラッと並んでいます

 約50種類の香水がショットバーのように並んでいる姿は圧巻です。好きな香水の組み合わせを選び、肌の上で重ねてブレンドすることで、自分だけの香水を作れます。

 「KAORI BAR FINCA」FINCA香水事業部の北郷さんに、オリジナル香水ができるまでについて、お話を伺いました。

――オリジナル香水を提案するとき、初めはどのように香水を選んでいくのかについて、教えてください。

 まずはお客さまがどんな香りをお探しか、どんな香りをイメージしているのかをヒアリングします。

 好きな人、彼氏、友達、生き物、無機物――などをイメージした香水をご希望の場合は、イメージをもとに香りを重ねづけ(トッピングフレグランス)して、いくつかご提案していきます。

 まずは2種類の香りを試香紙に重ねづけしたものを3パターンぐらい試してもらいます。それから「もっと甘く」「もっとセクシーに」などお客さまの要望に合わせて、2種類のうちの1種類を変えたり、お客さまが気に入ったベースの香りを使って、もう一方を別の香りでいろいろ試してもらい、イメージに近づけていきます。

 場合によって、3〜4種類の重ねづけをされる方もいますが、液体をブレンドしているのではなく重ねづけなので香りにブレが出て再現が難しかったり、重ねづけする作業が面倒だったりするので、基本的に2種類で組み合わせます。

 その後は付ける量や順番でも少しニュアンスが変わりますが、片方の香りを変えてみたりしてイメージに近づけていく感じです。

 香りが決まれば量をヒアリングします。15〜100ミリリットルまでのお好きな量を選べます。15ミリリットルでの販売は8月中で終了し、今後は最低量を20か30ミリリットルにしようかと検討中です。

――とても丁寧に、香水を選んでいくんですね。どのくらい時間をかけられるんですか?

 多くの香りの中から選んでいただくので、1人のお客さまにつき30分〜1時間はかかっています。


香水画像 香水イメージ

――そんなに! どんなイメージのものでも対応をしていただけるんでしょうか?

 どんなイメージでも対応できるようにはしたいと思っています。中にはペット、モンスター、風景などの画像を見せてくれる方もいらっしゃるんですよ。

 ちなみに当店では香りの原料を合わせているのではなく、すでに仕上がった香りを重ねづけしているので、何かの香りに限りなく近づけるというのは難しいです。お客さまとご相談しながら、お客さまの中のイメージに近づけていくようにしています。

――香水を組み合わせているとき、何を一番大事にされていますか?

 こちらから「こういう香りですか?」と提案もしますが、最終的には、お客さまのイメージしている香りがあるので、それをくみ取って香りを合わせていく事を大事にしています。

――現在はどのような入店システムなのでしょうか?

 整理券での入店対応をしています。長い待ち時間や長蛇の列が発生してしまうので、落ち着くまでは整理券での対応を考えています。


 香水およびオードトワレは少量から購入できます。香水は1ミリ、5ミリ、10ミリ、60ミリから(1ミリ/324円〜)、オードトワレは30ミリ、60ミリ、100ミリ(30ミリ/2052円〜)から選べます。自分の好きなものをイメージした香りに包まれれば、普通の毎日がちょっと非日常になりそうですね。

店舗情報

「KAORI BAR FINCA」

住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿1-34-15 新宿エステートビルB1

TEL:03-6709-8952

営業時間:11〜20時

定休日:水曜日

公式サイト

【修正:9月18日14時40分 タイトル・本文の一部を修正しました。】



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2107/30/news137.jpg 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」
  2. /nl/articles/2107/29/news111.jpg おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  3. /nl/articles/2107/29/news086.jpg 小5娘「ランドセル壊れちゃった!!」→メーカーに修理に出すと…… 子どもの気持ちに寄りそう「神対応」を描いた漫画に心が温まる
  4. /nl/articles/2107/30/news022.jpg 中年の「何しにこの部屋来たんだっけ?」発生条件を突き止めた漫画にあるあるの声 “忘却”はこうして起きていた……?
  5. /nl/articles/2107/29/news013.jpg おばあちゃんと散歩するワンコ、よく見ると…… かしこ過ぎるイッヌに「どっちが散歩されてる?」「愛と信頼ですね」の声
  6. /nl/articles/2107/29/news044.jpg 3歳娘「カレーが食べたい」にこたえて作ったのに…… あまのじゃくな娘に“大人になること”を学ぶ漫画が考えさせられる
  7. /nl/articles/2107/29/news030.jpg 定価で買った商品が半額になってショック!→娘「ママは値段を理由にそれ買ったの?」 子どもの一言にハッとさせられる漫画
  8. /nl/articles/1902/18/news125.jpg 「誰も消防車を呼んでいないのである!」漫画の作者自ら“消防車が来ない話”としてTwitterに公開 「元ネタ初めて見た」
  9. /nl/articles/2107/28/news135.jpg 波田陽区、そっくりな卓球・水谷隼選手の金メダル獲得で仕事激増 「拙者、これで家賃払えそうですからー!」
  10. /nl/articles/2107/30/news007.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「島嶼」

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」