ニュース
» 2018年09月18日 19時50分 公開

ロビカス、再びプニキと100エーカーの森へ 漫画『プーと大人になったワイ』であの激闘が今よみがえランデイイ

ホームラン率8割を要求してはいけない。

[コンタケ,ねとらぼ]

 ディズニーが9月14日、映画「プーと大人になった僕」を日本で公開しました。大人になったクリストファー・ロビンとくまのプーさんが再会する感動ファンタジードラマですが、この映画にただならぬ感情を抱いた人々が脳内で描いたであろう情景を表現した漫画『プーと大人になったワイ』がTwitterに投稿されトラウマをえぐっています。





プーと大人になった僕 ディズニー くまのプーさん プニキ プリーグ ロビカス プーさんがバッティング。このシチュエーションから導き出される答えは唯1つ

 そしてそのただならぬ感情を抱いた人々とはもちろん、「プニキ」の経験者たちや!


プーと大人になった僕 ディズニー くまのプーさん プニキ プリーグ ロビカス 「プニキ」である

 「プニキ」とは、2008年からYahoo!の子ども向けサービスである「Yahoo!きっずゲーム」で提供されているブラウザゲーム「くまのプーさんのホームランダービー!」。くまのプーさんが同作のキャラクターたちの投球から、何本ホームランを打てるか競うという内容です。


プーと大人になった僕 ディズニー くまのプーさん プニキ プリーグ ロビカス ゲーム画面

 こう書くと普通の野球ゲームのように聞こえると思いますが、問題はその難易度。「Yahoo!きっずゲーム」で公開されていただけあって子ども向けな雰囲気なのですが、ゲームバランスの方は大の大人が泣いて許しを請う鬼畜生設定となっており、なめてかかったプレイヤーの心をバキバキに粉砕しにかかってきます。

 特に最後に出てくる隠しボスのロビンがイカれており、ここまでに戦った全7キャラの魔球全てを使いこなしてくる上、50球中40球をホームランにしないと負け(ヒットは凡退扱い)の世紀末設定。クリアを想定しているとは思えぬ難易度に、100エーカーの森にはロビンに屈したプーさん(を操作するプレイヤーたち)の怨嗟の声が響き渡りました。


プーと大人になった僕 ディズニー くまのプーさん プニキ プリーグ ロビカス 「ロビカス」ことロビン。子ども向け野球ゲームにあるまじき存在として名高い

 そのファンシーな雰囲気から繰り出されるダーティーな難易度は野球好きが集まる2ちゃんねる(現5ちゃんねる)の「なんでも実況J」板の住民たちに広がり、プーさんには丸太1本で戦うその勇姿から「プニキ」の称号が、プレイヤーの心を折るロビンには「ロビカス」の異名が与えられることに。そして正月は皆で同作をプレイする通称「プリーグ」が開催されるようになったのです。

 いつしか、野球やプーさんの話になると「プニキ」のURLが貼られ、そのトラウマから「ハランデイイ」と返すのが一部のかいわいでは定番になっていました。クリアを挫折した者だけでなく、撃破者であっても2度とやりたくないほどに恐怖を植え付けられているのです。

 時は流れ2018年。新作映画「プーと大人になった僕」は、公開された瞬間に全「プニキ」経験者たちの心に、丸太バットを振るうプニキの姿を思い起こさせたことでしょう。そして、そんな思いを描いたのが糸家かろさん(@ZacRyonaski)による『プーと大人になったワイ』となります。

 スーツ姿でピッチングをする、大人になったロビン。しかし、「プニキ」のパワーあふれるバッティングの前に、球は軽々とホームランを許してしまいます。そこにいるのはただのクリストファー・ロビンであり、「ロビカス」とまで言わしめた面影はありません。


プーと大人になった僕 ディズニー くまのプーさん プニキ プリーグ ロビカス 球が甘いロビン(画像提供:糸家かろさん)

 プニキは問います。「どうしたんだい? あの頃の球は、もう投げられないのかい?」。ロビンはスーツを脱ぎながら答えました。「いや。今のは……ほんのウォーミングアップだよ」。


プーと大人になった僕 ディズニー くまのプーさん プニキ プリーグ ロビカス 不満げなプーさん

 2人は、声を掛け合います。「100エーカーの森の中!」「僕が投げて君が打つ!」「そうとも! 40球打たないと帰れないんだ!」」


プーと大人になった僕 ディズニー くまのプーさん プニキ プリーグ ロビカス あの頃の戦いが頭をよぎる

 そしてロビンは、自分にも言い聞かせるように声を上げます。「その通り! だから今日は帰れない!」。その投球フォームは、全盛期――「ロビカス」と呼ばれていたときのものに戻っていたのです。あの頃の「プリーグ」が帰ってきたのは、誰の目にも明らかでした。


プーと大人になった僕 ディズニー くまのプーさん プニキ プリーグ ロビカス この投球フォームは……「ロビカス」! 

 サンキュー、プニキ。ファッ○ン、ロビカス。感動的な感じだけど、あの7色変化球はもうナゲンデイイ。

 この漫画にリプライ欄では、「ロビカスこれは怒りの現役復帰待ったなし!」「100エーカーの住人特有のハチミツで得た衰え知らずの肉体」「この漫画は素晴らしいですが、ロビカスは許さない」「これは熱い好敵手ですわ」「全盛期と変わらぬクソみたいな汚いフォームから放たれる七色の変化球」「ハランデイイ」といった声が上がっていました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」