ニュース
» 2018年09月19日 12時07分 公開

「星のドラゴンクエスト」ガチャ不当表示を巡る返金訴訟で原告側が敗訴 原告側は控訴の意向

ガチャの表示を巡る国内初の集団訴訟案件として注目を集めていました。

[池谷勇人,ねとらぼ]

 スマートフォン用ゲーム「星のドラゴンクエスト」を巡る集団訴訟で、東京地方裁判所は9月18日「原告側の請求をいずれも棄却する」との判決を下しました(裁判費用は原告負担)。原告側は控訴する見込み。



 同裁判は、2015年10月15日から2016年3月14日まで提供されていた「レジェンド宝箱ふくびき」(いわゆるガチャ)に不当表示があったとし、プレイヤー側が返金を求めて運営元であるスクウェア・エニックスを訴えていたもの(関連記事)。ガチャの表示を巡って集団訴訟に発展するケースは国内初とされており、その結果に注目が集まっていました。

 判決の詳細については明らかになり次第追ってお伝えします。



星ドラ 集団訴訟 当時の「レジェンド宝箱ふくびき」特設ページ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.