ニュース
» 2018年09月19日 13時20分 公開

「家族として繋がられたことを誇りに」 ダルビッシュ有、義兄の山本“KID”徳郁を追悼 “初対峙”では舌戦も

ダルビッシュさん「KIDさんは本当に幸せだったんじゃないかなと思います」。

[深戸進路,ねとらぼ]

 プロ野球選手のダルビッシュ有さんが9月18日、同日に41歳で亡くなった義兄の山本“KID”徳郁さんについてブログを更新。初めて真剣に言葉を交わした際の出来事や、KIDさんからもらった忘れられないメッセージなど、故人との思い出を振り返りました。

山本“KID”徳郁 がん ダルビッシュ有 神の子 義兄 家族 山本聖子 ダルビッシュさんに投げ方を教わるKIDさん(画像は山本“KID”徳郁Instagramから)

 2016年にKIDさんの妹である山本聖子さんと結婚したダルビッシュさん。KIDさんとのファーストコンタクトは聖子さんと交際中の2014年だったそうで、「聖子と仲良くしてもらってる事聞きました。あの子真面目なんで。手出すの辞めてもらっていいかな? ごめんね。俺の家族なんで」と出会い頭にヘビー級の一発をお見舞いされたとのこと。簡単にひるむわけにはいかなかったダルビッシュさんは、「聖子さんとは仲良くさせて貰っています。自分としては今、凄く大事な人という位置づけであり、真面目に考えてます」と真剣交際を訴えたといいます。

 そのおとこ気にKIDさんも心を許したようで、「一気に打ち解けて、すぐに仲良くなりました」とその後は良好な関係を築いていた2人。親密になるにつれ、「こんなに自分が凄いことわかってない人いるのか? こんなに物腰柔らかく温厚な人いるのか? と驚きました」とKIDさんの人柄に引かれていったことも明かし、「4年ほどしか経ってませんが、家族として繋がられたことを本当に誇りに思います」と“神の子”への尊敬を込めた言葉も残しました。

山本“KID”徳郁 がん ダルビッシュ有 神の子 義兄 家族 山本聖子 ドジャース ダルビッシュさん、聖子さん、KIDさんが並んだファミリーショット(画像は山本“KID”徳郁Instagramから)

 KIDさんのがん発覚後は、「自分にできる支援は精一杯してきたつもりです」とダルビッシュさんなりにサポートを続けていたとのこと。多くの親族が全力でKIDさんを支える姿も見ていたそうで、「みんなに愛されて天国に先立ったKIDさんは本当に幸せだったんじゃないかなと思います」と故人をしのびました。

 また、6月にKIDさんとメッセージをやりとりしたというダルビッシュさんは、その中で受け取った忘れられない言葉を紹介。「普段あんま恥ずかしくて話せないけど。マジで大好きだよ。心から愛してるよ」とあまりにもストレートな愛の言葉をもらったそうで、「すごくシャイなKIDさんが心から言ってくれたことが本当に嬉しくて、でも凄く恥ずかしくて5分ぐらい動揺してしまいました」と大切な思い出を振り返っています。

山本“KID”徳郁 がん ダルビッシュ有 追悼 神の子 41歳で亡くなった山本“KID”徳郁さん(画像は山本“KID”徳郁Instagramから)

 ブログの最後は、「KIDさん、本当にありがとうございました! また会いましょう! 愛してます^_^」とKIDさんと同じく真っすぐな愛の言葉で締めくくったダルビッシュさん。また聖子さんは19日にTwitterを更新し、「心配すんな、でも安心すんな。 山本KID徳郁」とKIDさんのメッセージだと思われる言葉をツイートしています。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.