ニュース
» 2018年09月21日 17時00分 公開

ニコレットのトラウママスコット「吸いたくなるマン」が10年ぶりに復活 新キャラ「新吸いたくなるマン」も登場

吸いたいよう〜。

[ねとらぼ]

 タバコのような体、ギョロっとした目、真っ白な顔面、真っ赤な唇。2メートル超の長身で不敵な笑みを浮かべるトラウマキャラ「吸いたくなるマン」が10年の時を超えて帰ってきました


ニコレットのトラウママスコット「吸いたくなるマン」が10年ぶりに復活 新キャラ「新吸いたくなるマン」も登場 トラウマキャラまさかの復活


 ニコレットのCMでおなじみだった吸いたくなるマン。日本での初登場の歴史は意外に古く、2001年9月。「禁煙してても吸いたいよ(吸いたいよ〜)」という印象的なフレーズと共に、禁煙中の人たちに吸いたくなるような悪魔のささやきを繰り出す強烈なキャラクターでした。


ニコレットのトラウママスコット「吸いたくなるマン」が10年ぶりに復活 新キャラ「新吸いたくなるマン」も登場 強烈

 吸いたくなるマンは長らく表舞台から消えていましたが、Twitterで検索してみると「良いキャラしてると思うんだよなぁ」「ニコレットのCMっていつの間にあのキャラいなくなったの? 」「子ども時代のトラウマだった」といった声がいまだに投稿されるほど、忘れたくても忘れられない存在でした。



 約10年ぶりに復活した吸いたくなるマンは、なんと新キャラの「新吸いたくなるマン」を引き連れて登場。こちらは最近はやりの加熱式タバコをイメージしたデザインで、2人が協力して禁煙中の男性を苦しめるCMはインパクト抜群です。


ニコレットのトラウママスコット「吸いたくなるマン」が10年ぶりに復活 新キャラ「新吸いたくなるマン」も登場 新キャラの「新吸いたくなるマン」

ニコレットのトラウママスコット「吸いたくなるマン」が10年ぶりに復活 新キャラ「新吸いたくなるマン」も登場

 CMではかつて同様、最後は男性が取り出すニコレットにより吸いたくなるマンが撃退されます。10年たっても弱点は変わっていなかったようです。



 せっかく新キャラと共に復活したので、ついでにグッズ化とかもしてほしい気がしますね。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた