「死ぬ前にお前ともう一度『バキ』の話がしたい」 死期を悟った男が親友と語り合う漫画が深い

人生の終末に好きな漫画の話を交わせる――そんな友人がいることのすばらしさよ。

» 2018年09月23日 20時00分 公開
[沓澤真二ねとらぼ]

 もしも己の死期を悟ったとき、残された時間で何をするべきか? なかなか想像できない難問です。そんな状況で、親友と大好きな漫画『バキ』シリーズについて語り合うことを選んだ男を描く漫画が、Twitterで「深い」と話題です。


アイキャッチ 長い人生で、親友と趣味について語り合う時間こそがかけがえないものだった――そう悟った男の、含蓄ある物語

 入院中の男性から連絡を受けて、病院へ駆けつけるその親友。それは40年ぶりの再会でしたが、男性がもう長くないと知っていて、口を重く開きます。「聞いたよ お前…もう長くないんだってな…」。そんな親友に、男性は「ああ… だからバキの話をしようと思ってな」と、意外な言葉を投げかけるのでした。


1P

 2人は中学時代、バキについてとことん語り合ってきた仲。会話がバキの話題で占められるあまり、「本来すべき話をできていないからバキの話はやめる」と決めたほどでした。それもあって「そんな場合ではないだろう」と反対する親友に対し、主人公は「“だからこそ”なんだ」と、話を続けます。


2P

 主人公は「するべきことは増え、残された時間は減った… そのなかで多くのものを捨て たどり着いた今だ」と、人生を回顧。今になってようやく、バキの話を語り合った時間のかけがえなさに気付いたといいます。そして“だからこそ”「死ぬ前にお前ともう一度バキの話がしたいと思った」と、淡々と語ります。


3P

 親友は涙をこらえながら、男性の頼みを受け入れることに。「安藤(玲一)さんってほとんど他のキャラとからまないけど、実際戦ったらけっこう勝てそうじゃない?」「……いや、あくまで山岳監視員で格闘者ではないし」、「(愚地)独歩って、ピークを維持できるのは今年が最後だろうって言ってからかなり強くなってるよね」「勇気出るよね」など、若かりしころのように真剣に語り合うのでした。


4P

 友情や童心の大切さ、最後に趣味の話を交わせるほどの親友がいることのすばらしさを考えさせられるこの漫画。「20年ぶりに再会した友人と、延々と『伊賀の影丸』の話をしたとき、むちゃくちゃ楽しかった」「学生時代の友人と大人になってから会うと、ふと若くなったような気がする」など、共感の声が寄せられています。

 作者のけん(@nomorehole2)さんは、「中憲人」および「紙切りくん」名義で活動中の漫画家。『別冊ヤングチャンピオン』で『みんなで辞めれば怖くない』を連載しているほか、Webメディアのオモコロにも多くの作品を寄稿しています。


作品提供:けん(@nomorehole2)さん

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/18/news004.jpg 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. /nl/articles/2405/18/news066.jpg 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  3. /nl/articles/2405/18/news055.jpg ガチ“別人級”……凄腕メイク術駆使したビフォアフが「日本の頂点」と話題、“フォロワー数580万人”の美容系インフルエンサー
  4. /nl/articles/2405/18/news003.jpg 0歳娘がはじめて歩けた瞬間、パパの顔を見て…… 号泣必至の“表情としぐさ”に「やったねえ!すごいねえ!」「かわいくて涙が」
  5. /nl/articles/2405/15/news106.jpg 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  6. /nl/articles/1611/04/news117.jpg 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  7. /nl/articles/2405/18/news023.jpg 死んだはずのスズメバチ、お尻をよく見てみると…… 「亡者の執念発動してますね」「だから怖いんだよな」油断できない生命力におののく声
  8. /nl/articles/2405/18/news068.jpg 『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博がXで怒り 立て続く“誤配”で「三度目です」「次はもう知らん」
  9. /nl/articles/2405/17/news026.jpg トリミングでシーズーを「ハムスターにしてください」とお願いしたら…… インパクト大の完成形に「可愛いーーー」「なんて愛おしい鼻毛カール」
  10. /nl/articles/2405/17/news022.jpg 妻が作ったキャラ弁にフランス人夫と3歳娘が大爆笑! 「怖い」と言われた完成形に「蓋開けた瞬間w」「一緒に笑っちゃいました」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評