ニュース
» 2018年09月24日 13時47分 公開

飲酒による死亡、2016年に300万人以上 世界保健機関が報告

[ねとらぼ]

 2016年に300万人を超える人が、アルコールの有害な使用で亡くなったとする報告書を、世界保健機関(WHO)が発表しました。

WHO アルコール 報告書 WHOのインフォグラフィック

 アルコールに起因する死の28%は交通事故や自傷、個人間の暴力などによる負傷が占め、21%は消化器疾患、19%は心疾患。アルコールによる健康障害に苦しむ人は全世界で推定2億8300万人(男性2億3700万人、女性4600万人)。一方、世界の15歳以上人口の57%が、過去12カ月間にアルコールを摂取しなかったとのこと。

 「あまりに多くの人々とその家族、地域社会が、暴力、負傷、精神衛生上の問題、がんや脳卒中といった病気などにより、アルコールの有害な使用の結果に苦しんでいる」とWHO局長Tedros Adhanom Ghebreyesus氏。加盟国によるクリエイティブな解決策の実施を望むとしています。

WHO アルコール 報告書 日本のデータ(一部)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.