ニュース
» 2018年09月25日 21時00分 公開

「クトゥルフみを感じる」異形のカカシの遭遇報告にTwitter民騒然 その正体は?

出くわしたのが日中だったからまだよかった……。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「クトゥルフみを感じるカカシに出会った」という報告が、Twitterをざわつかせています。確かに、顔から無数の触手と目玉が映えたその姿は、鳥を追い払うどころか人のSAN値をガリガリ削りそう。いったいこれはなんなんだ……。


 「もはやホラー」「泥棒避け?」「鳥避けというより、むしろカラスが似合いそう」などと話題を呼んだこのカカシ、実は造形作家のハリギリ(@harigilly)さんが作ったもの。以前好評を博した、ポケモン「グソクムシャ」フィギュア(関連記事)のできばえを見ると、カカシのクオリティにも納得です。


カカシ いろいろな意味でやべえカカシ

 ハリギリさんは2016年にも、農家を営む実家に頼まれて、ホラーなカカシを製作していました(関連記事)。今回も同様に頼まれて、2タイプを作成しています。


 針金と新聞紙をベースに、養生テープを巻き付けて芯を作るといった製作工程も公開。顔が布でくるまれているタイプは、枕カバーをかぶせて表現しています。


カカシ

カカシ エポキシパテで顔面に肉付けし、ドールアイで目を作る

カカシ 古着と枕カバーを付けて1体目が完成

 触手が生えたタイプは、以前のガレージキット製作時に抜き損じたパーツを転用して作ったとのこと。触手とドールアイを粘土に貼り付け、塗装したら顔面ができあがり。芯に取り付けてパーカーを着せたら、世にもおぞましいカカシの完成です。人にまで脅威となりそうでいろいろと心配になるカカシですが、前回から引き続き製作を頼まれたということは、きっと役立っているのでしょう。


カカシ

カカシ 触手パーツとドールアイを粘土の面に貼り付け

カカシ 塗装したら怖さがマッハ

カカシ パーカーを着せて完成。夜中に見たら失神してしまいそう

画像提供:ハリギリ(@harigilly)さん


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.