ニュース
» 2018年09月26日 12時50分 公開

おうちでドリフトォォォ 京商からミニR/Cカーの低価格版「First MINI-Z」登場、第一弾はイニD仕様 (1/2)

プロポ付きで4980円から。【写真18点】

[agar,ねとらぼ]

 京商は9月25日、室内で楽しめる手のひらサイズのラジオコントロールカー「First MINI-Z(ファーストミニッツ)」シリーズを発売しました。

1/28スケールの手のひらサイズ 1/28スケールの手のひらサイズ「First MINI-Z」(写真:京商、以下同)

 ファーストミニッツは、京商のホビーラジオコントロールカー「ミニッツ」シリーズの入門モデルとして低価格化したシリーズ。ミニッツシリーズと同じ手のひらサイズで、気軽に室内で遊べるのが特徴です。R/Cカー入門者に向けて時速7キロの練習用モードと時速10キロのレースモードを切り替えられる「モード切り替え」機能などを備え、徐々にステップアップできるよう扱いやすくしています。

 サイズは実車の1/28スケールで、キットにはプロポや室内遊び用のパイロンなども付属。電源は単3電池4本です。プロポにストップウォッチを内蔵し、手軽に「自宅タイムアタック」などを楽しめるようになっています。

First MINI-Z First MINI-Z

 シリーズ第一弾は、漫画「頭文字(イニシャル)D」から人気の3車種、主人公・藤原拓海の「スプリンタートレノ AE86(ハチロク)」、高橋兄弟の「サバンナRX-7 FC3S」「RX-7 FD3S」をラインアップします。価格はそれぞれ4980円(税込)です。

まずは「頭文字D」から3車種が登場 まずは「頭文字D」から3車種が登場
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.