コラム
» 2018年09月27日 21時00分 公開

「おっさんずラブ」ロスしてる場合じゃない露出の多さ! 絶賛大ブレイク中、田中圭の「3つの魅力」

「田中圭の沼」においでよ……。

[ナンシー,ねとらぼ]

 俳優・田中圭さんが、今年4月から放映された連続ドラマ「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)で主演を務めたことをきっかけに、満を持しての大ブレイクを果たしています。

 筆者は、この春テレビをつけたらたまたまやっていた「おっさんずラブ」で豪快な変顔をする田中さんに魅せられました。それまで田中さんに関しては存在を知っている程度だったのですが、そこから大量にある過去作を順にチェックし、出演されている舞台を観劇し、掲載雑誌の発売日を今か今かと待ちわびるように――と、無事「田中圭沼」にハマるに至っております。

 そんな風に沼に転げ落ちていったのはもちろん筆者だけではありません。なぜ田中圭さんがこれほどファンの性癖に刺さるのでしょうか? あまたのファンを夢中にさせた「3つの魅力」を考えてみました。

その1:顔と身体がいい

 いや、顔かい! 顔です。とにかく顔がいい。塩顔代表みたいなことも言われているようですが、別に何顔でもいい。田中圭さんがいい。コロコロと変化する表情をいつまでも見ていたい。

 スタイルもいい。抜群にいい。ちなみに「おっさんずラブ」で「謎のいい身体」って言われてたのを「無駄にいい身体」と間違えている人が結構いますけどね。「謎」です。無駄なことは全くありませんのでよろしくお願いします(早口)。

その2:演技がいい

 「おっさんずラブ」ではコミカルな動きをたくさん交えて、愛すべきバカである春田創一を演じていた田中圭さんですが、9月に最終回を迎えた「健康で文化的な最低限度の生活」(フジテレビ系)では、京極係長の普段はクール、いざとなったら頼りになる上司ぶりをみることができました。

 テレビドラマでの田中さんは、演技の技術的なことをいい意味で感じさせない、自然体な感じが視聴者の心に入ってきやすいのかなと思います。

おっさんずラブ5話の「ポンポン」(なんとアドリブ!)は全ファンをたまらない気持ちにさせてくれました

 一方、9月から全国で公演している舞台「サメと泳ぐ」では、1人の真面目で純朴な青年がハリウッドという業界の荒波にもまれて変化していく様子を、体当たりで生々しく演じています。テレビを通した表現とはまた違った魅力に、観劇者からは「生で見ると一層カッコいい……」「存在してた!」といった声も上がっています。

その3:なんか隙がある

 そんな顔面力も演技力もある俳優さんなのに、どこか「放っておけない」感がにじみ出ることが多々あるんです! いや分かってるんですよ、こっちに何か求められているはずがないと……。でも「1個アメちゃんいる?」と聞きたくなるような隙がある。

おっさんずラブ4話のおねだりシーンにはタイムラインが騒然

 「おっさんずラブ」のはるたんの役柄は大きな衝撃を与えましたが、まだまだこの先もドラマの出演予定が詰まっています。10月スタートの新ドラマ「獣になれない私たち」(日本テレビ系)で新垣結衣さんの彼氏・花井京谷役、11月公開の映画「スマホを落としただけなのに」では、主人公北川景子さんの彼氏役を演じます(予告編によるとスマホを落とすのは田中さんです)。

次々と見せてくる新しい魅力

 「おっさんずラブ」後、田中圭さんに覚醒した人々により過去の写真集に重版がかかるという事態になりました。すごいことです。さらに「おっさんずラブ」公式ブック等、いまだに新商品が発表されるグッズの数々、ついには現在「おっさんずラブ展」も大阪・名古屋に巡回を控えており、ファンの熱はまだまだ冷めそうにありません。

「UOMO」11月号のカバーにも登場。巻頭ファッション特集「おっさんず服を愛するおっさん」姿にもだえます

 そんなファンにさらに燃料を与えてくれるのが、次々に“新しい顔”を見せてくれるほかでもない田中さん自身の活躍ぶり。ドラマ、舞台、雑誌に加え、何と言っても衝撃だったのは「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ系)の「ゴチになります!」コーナーの新メンバーとして発表されたことです。

 発表前、ホワイトタイガーを被った状態の画が出た瞬間から「これ田中圭じゃね?」とインターネットがざわついていましたが、正にその通りとなりました。これから毎週のように……? バラエティ仕様の田中さんを見られる……? そんなユートピア(桃源郷)があっていいの……? ちょっと幸せをうまくかみ砕くことができません。

やっぱり田中圭さんでした

 さらにさらに、今年の12月15〜16日、AbemaTV特別番組「田中圭24時間テレビ」が放送されることが決定しました。24時間生配信をしながらドラマを作り上げていくという意欲的な企画で、1時間ごとに1シーンを撮影し、最終的に1本のドラマに仕上げるというもの。1シーンごとに24人のゲストも登場するということで、いろいろな方とのタッグも楽しめそうです。24時間田中圭さんを浴び続けることができる……まさに僥倖。眠れない1日となりそうです。

 あまりの露出に、田中さんの働きすぎを心配する声も上がるほどです。「たくさん見られるのは幸せですが、くれぐれも無理のないようにしてほしい」と、気が付けばお母さんのような気持ちになっている。そんな気持ちを抱いたらもう、田中圭の“沼”の入り口に立っています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/21/news063.jpg 北斗晶、長男結婚で嫁・門倉凛と“親子デート”を満喫 「娘が欲しいと思ってた」と念願叶ってウキウキ
  2. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  3. /nl/articles/2205/20/news183.jpg 博麗神主・ZUNさん「ゆっくり茶番劇」商標登録騒動について見解 「東方」二次創作としての「ゆっくり茶番劇」使用は問題なし
  4. /nl/articles/2205/20/news123.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  5. /nl/articles/2205/04/news030.jpg 門倉凛、北斗晶の長男との“初夫婦ショット”が超お似合い 「絵になる」「末永くお幸せに」と祝福の声
  6. /nl/articles/2205/21/news005.jpg おやつを前にした柴犬が「ちっちゃくしてください……」と猛アピール 飼い主に全力で甘える様子がかわいい
  7. /nl/articles/2205/20/news134.jpg 壮大なフリだったのかよ……! ピース綾部、ついに明かした5年間の“渡米の真実”に「最初の計画は失敗です」
  8. /nl/articles/2205/19/news169.jpg 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  9. /nl/articles/2205/21/news062.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得の柚葉さん、所属コミュニティーから「無期限の会員資格停止」処分 権利放棄の報告も?
  10. /nl/articles/2205/21/news065.jpg 名画「牛乳を注ぐ女」を3Dモデル化してみたら……? 高度なCG動画が破壊力抜群で牛乳噴きそう

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声