ニュース
» 2018年09月27日 14時15分 公開

ネスレ日本と佐川急便、宅配サービス「MACHI ECO便」始動 地域住民が協力し配達を中継

希望者が「ECO HUB」と呼ばれる中継所の役割を担い、佐川から届いたネスレ商品の引き渡しや配達を行う仕組み。ECO HUB担当者は報酬を得られ、消費者は割引サービスを受けられます。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ネスレ日本と佐川急便が、新たな宅配サービス「MACHI ECO便」を共同で立ち上げました。地域住民から協力者を募って中継所の役割を担わせ、ネスレ商品の定期便の引き渡しや配達を代行してもらう仕組み。10月1日から、東京6区(港区/品川区/千代田区/中央区/新宿区/渋谷区)と大阪4区(北区/中央区/福島区/此花区)でスタートします。


イメージ

システム 地域住民が中継所の役割を有償で担い、佐川から届けられたネスレ商品を消費者へ仲介する仕組み

 同サービスに参加した協力者は、自宅や店舗で「ECO HUB」と呼ばれる中継所を営むことになります。ここにはネスレ商品が佐川によりまとめて届けられ、ストックされることになります。

 エリア内のネスレ定期便ユーザーは、配送方法からMACHI ECO便が選択可能に。近くで利用できるECO HUBを検索し、商品を取りに行くか、ECO HUB担当者に配達してもらえます。なお、ECO HUB側は運営から報酬を得られ、消費者側は5%の割引サービスを受けられます。


MACHI ECO便 サービス適用エリア内のネスレ定期便利用者は、周囲のECO HUBから商品を受け取れる

MACHI ECO便 ECO HUB担当者の詳細を確認のうえ、引き取りや配達を申請できる

 佐川が運ぶのはECO HUBまでで、ECO HUBからの配送手段は原則として徒歩か自転車と、CO2排出量の削減が見込める仕組み。また、最終届け先までの配送には段ボールを使用せず、荷物をECO HUBへ引き取りに行く消費者にはオリジナルのエコバッグを提供と、紙資源の節約も図られています。


MACHI ECO便 MACHI ECO便のエコバッグ

 今後はMACHI ECO便への参加企業を募り、ファンケルやルピシアの商品も対象となる予定、サービスの提供地域も順次拡大される予定で、都内には専用の宅配ロッカーも設けるとのことです。


MACHI ECO便 宅配ロッカーのイメージ


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.