ニュース
» 2018年09月27日 15時25分 公開

Mozilla、メールアドレスの流出を知らせるサービス「Firefox Monitor」を発表

べんりそう。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 Mozilla Foundationは自分のメールアドレスやパスワードが流出してるかどうかを確認できるサービス「Firefox Monitor」を発表しました。


Mozilla、メールアドレスの流出を知らせるサービス「Firefox Monitor」を発表 メールアドレスを入力するだけで流出の有無を確認可能(画像はYouTubeより

 サイト上でメールアドレスを入力すると、過去の流出情報を自動で照会し、流出していた場合はその日付と流出元のサービスなどが表示されるという仕組み。サイト上の簡易検索は他人のメールアドレスも検索できてしまうため、「センシティブなユーザーデータ(アダルトサイト経由の流出等)」は検出されません

Mozilla、メールアドレスの流出を知らせるサービス「Firefox Monitor」を発表 流出した日付と流出元となったサービスが表示される

 より詳細なデータを得るにはユーザー登録をする必要があります。登録後に流出があった場合、流出を知らせてパスワードなどの変更を催促してくれる機能もあります。

Mozilla、メールアドレスの流出を知らせるサービス「Firefox Monitor」を発表 ユーザー登録をするとより詳細な結果をメールで知らせてくれます

Mozilla、メールアドレスの流出を知らせるサービス「Firefox Monitor」を発表 登録するとこんな感じのメールが届きます。りゅ、流出してるー!!!(パスワードを変更しました)

 「Firefox Monitor」はセキュリティ研究者のトロイ・ハントさんが運営するサービス「Have I Been Pwned」と提携して誕生したもの。Mozillaは同サービスはユーザーがより安全にインターネットを利用できるようにする試みの1つにすぎず、今後数カ月の間にさらにさまざまなサービスをリリース予定だとしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.