ニュース
» 2018年09月27日 16時10分 公開

「Fallout 76」の発売まで生きられないかもしれない 悲しむ末期がんの少年に、Bethesdaがプレゼントを届ける

アシスタントディレクターのMatt Grandstaff氏が、同社のあるメリーランド州から車を4時間飛ばして、少年の家をサプライズで訪問。

[Taijiro Yamanaka,AUTOMATON]
AUTOMATON


フォールアウト

 Bethesda Game Studiosは9月21日、「Fallout 76」をイメージしたカスタムデザインのXbox One X本体のチャリティオークションの案内を公式SNS上に投稿した。これは、難病を抱える3歳から18歳未満の子どもたちの夢をかなえる事業をおこなう非営利団体Make-A-Wishとマイクロソフトが実施している取り組みで、賛同企業のひとつとしてBethesdaも協力している。

 そして、このツイートに対してあるファンから、末期症状の難病患者に「Fallout 76」を発売前にプレイさせてあげてはどうかと提案する声があり、同社のマーケティング部門を統括するPete Hines氏は「つい最近おこなったところだよ」と回答している。それは、アメリカ・バージニア州に暮らす12歳の少年Wes君のことのようだ。

 Wes君は、神経芽腫と呼ばれる小児がんを患っている。彼が最初に神経芽腫だと診断されたのは5歳の頃。それからニューヨークにある病院に通いながら治療を続けるも、5回の再発を繰り返し、いまや人生の半分以上をがんと付き合っている。彼のがんは脊髄周辺にも転移し、身体が成長するに従って麻痺を引き起こすおそれがあるため、腫瘍摘出手術などの治療もおこなわれたが、現在もっとも症状が進行したステージ4だと診断されているという。

 Wes君は放射線治療を続け、医学的には一定の効果が見られていたものの、彼の身体への負担は大きかった。そして今年9月初旬、主治医はこれ以上の治療はWes君を助けることよりも、むしろ傷つけてしまうことになるとして、治療を中断したいと彼の家族に提案する。そして、打ちひしがれながらも提案を受け入れた家族がそのことをWes君に告げると、彼は「No no no」と言って涙を流したそうだ。家族は、これまででもっともひどいことを彼にしてしまったが、そうせざるを得なかったとし、自分たちが置かれた状況を受け入れるのが辛かったとその時のことを振り返る。ただ、7年半通った病院から家に戻ったWes君は、もう怒ったりおびえたりはせず、家族のために笑顔を絶やさないで過ごしているという。


フォールアウト Fallout 76: Power Armor Edition

 それから数日後、Wes君は「Fallout 76」が発売される11月まで生きていられないかもしれないことに気付き、家族に泣いて伝えたという。彼は、同作が発表されるやいなや限定版の「Power Armor Edition」を予約するほどの大のFalloutファンで、同作をプレイすることが叶わないかもしれないことは、それから毎日のように口にしていたそうだ。

 そして、このことが仲介者を経てBethesdaの耳に入ることとなる。アシスタントディレクターのMatt Grandstaff氏が、同社のあるメリーランド州から車を4時間飛ばして、Wes君の家をサプライズで訪問したのだ。その手には、「Fallout 76」を手掛けるTodd Howard氏のサインが入ったPower Armor Editionの試作品があった。Grandstaff氏はさらに「Fallout 76」のゲームも持参しており、Wes君は数時間にわたって同作を楽しんだという。まだ開発途中のバージョンだったため、Grandstaff氏は一家とその日を過ごしたあとゲームだけは持ち帰ることとなったが、わずかな時間だけでも「Fallout 76」をプレイできたことで、Wes君はとても幸せそうだったとのこと。

 家族が公開した写真には、プレゼントされたVault BoyのTシャツを着て、Power Armor Editionに同梱されている原寸大のT-51パワーアーマーヘルメットで遊ぶWes君の様子が収められている。ちなみに、写っている青と黄色のFalloutカラーのヘッドフォンは、Wes君が普段から愛用しているSteelSeries製の公式モデルである。彼が「Fallout」シリーズの大ファンであることがうかがえるアイテムだ。


フォールアウト 左端の男性がBethesdaのMatt Grandstaff氏 Image Credit: Wes’ Fight Against Neuroblastoma

フォールアウト 海外では、17歳以上対象の「Fallout 76」を、12際の子供がプレイすることについて指摘するコメントが一部で見られる。ただ余命短い子供の希望で、また親が見ている前であり、とがめるべき事ではないのではないだろうか

 今回、Bethesdaの訪問を受けたWes君の家族は、同社と仲介者に対して感謝の言葉を述べ、そしてWes君の望みのひとつをかなえてあげられたことは、とても大きな意味があることだとつづっている。そして、ニューヨークでのWes君の治療は中断したが、今は一緒に家で過ごしながら、何か別の手だてはないか模索しているところだという。一方のWes君はというと、これからやりたいことを書き留めており、そのひとつは海をキレイにして海洋生物を助けることだそうだ。家族は、これに賛同し行動してくれる人がいるならば「#InspiredByWes」というハッシュタグを使ってほしいと呼びかけている。

 日本では目にする機会は少ないかもしれないが、欧米では冒頭で紹介したようなチャリティ活動が頻繁におこなわれている。それはゲーム会社が主導するだけではなく、メディアやゲーマーもゲームプレイ配信などを通じて視聴者から寄付を集めて、慈善団体に贈る運動が当たり前のようにおこなわれており、Twitchなどで見かけたことがある方もいるのではないだろうか。先日、「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」の発売日まで生きられないかもしれないというスマブラファンの末期がん患者に、米国任天堂が同作をプレイさせてあげる機会を設けたという話題を紹介した(関連記事)。Bethesdaや任天堂が見せた素晴らしい行動力は、こうした文化が根付いていることの表れだといえるだろう。

関連記事

Copyright (C) AUTOMATON. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/30/news099.jpg 「ハイヒール」モモコ、27歳・長男と顔出し2ショット 27年前の“お宮参り3ショット”も公開「若かったなー」
  2. /nl/articles/2206/30/news039.jpg パンダ「ヤダヤダ〜」 絶対に部屋に帰りたくないパンダvs.帰って欲しい飼育員のやりとりがコミカルでほほえましい
  3. /nl/articles/2206/30/news025.jpg 柴犬たち、超えてはいけない境界線から飼い主を監視 怒られないギリギリのラインを攻める姿に「一歩出てるのかわいい」
  4. /nl/articles/2206/28/news167.jpg 「こんなに絵が上手いなんて」 中川翔子、1時間で『SPY×FAMILY』アーニャを17体生み出してしまう
  5. /nl/articles/2010/08/news157.jpg “イエモン”吉井和哉の息子・吉井添、姉との2ショットに驚きの声 「めちゃくちゃ美形」「イケメン芸能人の遺伝子ってすごい」
  6. /nl/articles/2206/27/news166.jpg 「ラーメン二郎」へ“表敬訪問”したジョージア駐日大使に話を聞いた 「次回は『ニンニク ヤサイ マシマシ、ブタ抜き、アブラ多め』を頼みたい」
  7. /nl/articles/2206/30/news149.jpg 故・神田沙也加さんと交際公表の2.5次元俳優・前山剛久、所属事務所を退所 心身不調で1月から活動休止状態
  8. /nl/articles/2206/30/news131.jpg アスリート夫婦・増嶋竜也&潮田玲子、ペアコーデでゴルフをエンジョイ ゴルフ仲間の狩野舞子も「オソロ可愛いー」と反応
  9. /nl/articles/2206/24/news167.jpg 耳付きのランチパックが見つかり「得した気分」「運がいい」 “当たり”があるのか山崎製パンに聞いてみた
  10. /nl/articles/2206/28/news102.jpg しまむらに「SPY×FAMILY」グッズがやってきた! アーニャのアクスタからインテリアまで、豊富なラインアップにわくわくっ

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」