ニュース
» 2018年10月03日 20時00分 公開

【オタ母あるある漫画】「母モード」と「オタモード」がもはや別人

オタモードがあるから、母モードもやっていけるのです。

[漫画:ニック佐藤,ねとらぼ]

 フミエさん(33歳)はふんわりした雰囲気の2児のお母さん。フルタイムで仕事もしているワーキングママです。しかしフミエさんには、子どもは(まだ)知らない一面があるのでした。

オタ母あるある

 それは「推し」を愛する女――「カーマイン(推し活ネーム)」としての一面。日々推しを愛で、時には薄い本やグッズなどを集めています。その姿はもはや二重人格……というか別人レベルですが、もちろん同一人物です。

オタ母あるある
オタ母あるある

 24時間のうち、ほとんどは家庭と仕事に占められているフミエさん。その隙間隙間に詰め込んでいるのが“推し時間”。時間が少ない分、濃度と集中力がすさまじく、ギラギラとしたエネルギーを放っているのです。

 時にはオタモードがヌッ……と浮上してくることも。家事の途中、突如震える携帯。開くとそこには……!?

オタ母あるある
オタ母あるある
オタ母あるある
オタ母あるある
オタ母あるある

 はい、オタ仲間から送られてきた推しの尊い画像でした! そんなんもう一瞬でオタモードになっちゃいますよ。

 オタモードがあることは、母モードにも好影響を与えます。現実世界には、子ども、仕事、お金、将来……など考えたらキリがない不安が常にありますが、推しの存在や推し(公式)からの供給があることで、“現実から解放される時間”が生まれます。さらに仕事や育児でヘコんだときは、推しの輝きによって前向きになれる……!

 日々着実に積もっていくストレスを振り切り、力強く生きていくための“もう1つの顔”。それがオタモードなのです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」