ニュース
» 2018年10月03日 20時00分 公開

【オタ母あるある漫画】「母モード」と「オタモード」がもはや別人

オタモードがあるから、母モードもやっていけるのです。

[漫画:ニック佐藤,ねとらぼ]

 フミエさん(33歳)はふんわりした雰囲気の2児のお母さん。フルタイムで仕事もしているワーキングママです。しかしフミエさんには、子どもは(まだ)知らない一面があるのでした。

オタ母あるある

 それは「推し」を愛する女――「カーマイン(推し活ネーム)」としての一面。日々推しを愛で、時には薄い本やグッズなどを集めています。その姿はもはや二重人格……というか別人レベルですが、もちろん同一人物です。

オタ母あるある
オタ母あるある

 24時間のうち、ほとんどは家庭と仕事に占められているフミエさん。その隙間隙間に詰め込んでいるのが“推し時間”。時間が少ない分、濃度と集中力がすさまじく、ギラギラとしたエネルギーを放っているのです。

 時にはオタモードがヌッ……と浮上してくることも。家事の途中、突如震える携帯。開くとそこには……!?

オタ母あるある
オタ母あるある
オタ母あるある
オタ母あるある
オタ母あるある

 はい、オタ仲間から送られてきた推しの尊い画像でした! そんなんもう一瞬でオタモードになっちゃいますよ。

 オタモードがあることは、母モードにも好影響を与えます。現実世界には、子ども、仕事、お金、将来……など考えたらキリがない不安が常にありますが、推しの存在や推し(公式)からの供給があることで、“現実から解放される時間”が生まれます。さらに仕事や育児でヘコんだときは、推しの輝きによって前向きになれる……!

 日々着実に積もっていくストレスを振り切り、力強く生きていくための“もう1つの顔”。それがオタモードなのです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/13/news009.jpg 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/11/news038.jpg 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2007/12/news005.jpg 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. /nl/articles/2007/12/news038.jpg 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  7. /nl/articles/2007/12/news028.jpg 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  8. /nl/articles/2007/13/news002.jpg 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  9. /nl/articles/2007/13/news127.jpg 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  10. /nl/articles/2007/12/news007.jpg 愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐