ニュース
» 2018年10月03日 20時00分 公開

【オタ母あるある漫画】「母モード」と「オタモード」がもはや別人

オタモードがあるから、母モードもやっていけるのです。

[漫画:ニック佐藤,ねとらぼ]

 フミエさん(33歳)はふんわりした雰囲気の2児のお母さん。フルタイムで仕事もしているワーキングママです。しかしフミエさんには、子どもは(まだ)知らない一面があるのでした。

オタ母あるある

 それは「推し」を愛する女――「カーマイン(推し活ネーム)」としての一面。日々推しを愛で、時には薄い本やグッズなどを集めています。その姿はもはや二重人格……というか別人レベルですが、もちろん同一人物です。

オタ母あるある
オタ母あるある

 24時間のうち、ほとんどは家庭と仕事に占められているフミエさん。その隙間隙間に詰め込んでいるのが“推し時間”。時間が少ない分、濃度と集中力がすさまじく、ギラギラとしたエネルギーを放っているのです。

 時にはオタモードがヌッ……と浮上してくることも。家事の途中、突如震える携帯。開くとそこには……!?

オタ母あるある
オタ母あるある
オタ母あるある
オタ母あるある
オタ母あるある

 はい、オタ仲間から送られてきた推しの尊い画像でした! そんなんもう一瞬でオタモードになっちゃいますよ。

 オタモードがあることは、母モードにも好影響を与えます。現実世界には、子ども、仕事、お金、将来……など考えたらキリがない不安が常にありますが、推しの存在や推し(公式)からの供給があることで、“現実から解放される時間”が生まれます。さらに仕事や育児でヘコんだときは、推しの輝きによって前向きになれる……!

 日々着実に積もっていくストレスを振り切り、力強く生きていくための“もう1つの顔”。それがオタモードなのです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」