ニュース
» 2018年10月01日 11時00分 公開

紅茶をキメた紳士たちの自爆特攻 最速のパンジャンドラムを決める「P1グランプリ」をティータイムにどうぞ

天国のネビル・シュートさんもきっとお喜び。

[コンタケ,ねとらぼ]

 現在ニコニコ動画で開催されているパンジャンドラムの祭典、「P1グラプリ」が英国面に堕ちた紳士たちのティータイムに最適と沸騰した紅茶よりも熱い盛り上がりを見せています。ボビンがパンジャンドラムに見えるタイプの紳士たちによる自爆マシマシの戦い、ぜひうなぎゼリーを片手にご覧ください。







  「パンジャンドラム」は、小説家として有名なネビル・シュートが第二次世界大戦中に開発した兵器。車軸と車輪のみで構成されたボビン型をしており、据え付けられたロケットで車輪を回して進み搭載された爆薬で爆破する仕組みです。ノルマンディー上陸作戦のために作られましたが、構造的な問題でろくに直進もできないまま開発中止となりました。独特なフォルムや制御不能ぶりから、一部でマーマイト(※)のように高い人気を誇ります。


パンジャンドラム P1グランプリ パンジャンドラム

※マーマイト:酵母エキスを煮詰めた、「P1グランプリ」ではおなじみの英国の食品。大変独特な味で好みが分かれるとされている。

 そんなパンジャンドラム最速と最も紅茶がキマっている紳士を決めるレースが、「P1グランプリ」です。自由に兵器を作成できる物理演算PCゲーム「Besiege」を使い、各自極限までフリーダムな発想でパンジャンドラムを作成。最初にゴールにたどり着き自爆をした人が勝者となる、パンジャンドラムのスペックを最大限生かせるルールです。


パンジャンドラム P1グランプリ 「Besiege」で制作したパンジャンドラムの例

 レースの主催者は、「Besiege」をパンジャンドラム縛りでプレイし続けているたらちゃんさん(@taratya19800)。空飛ぶパンジャンドラムや、小型パンジャンドラムが降り注ぐ兵器などを作り続ける、まさにパンジャンドラムガチ勢です。


パンジャンドラム P1グランプリ どんなミッションも変態的構造のパンジャンドラムでクリアしていくたらちゃんさん(画像は英国面に堕ちた茜ちゃんのパンジャンドラム縛り9から)

 もともと「P1グランプリ」は「Besiege」プレイ動画のOPのネタとして作られたものでしたが、2017年4月有志を募ってついに実現。第1レースからゴール前で全機爆発するなどパンジャンらしさあふれる上品な大会として好評を博し、2018年8月からコースを大幅に変更した第2回が開催中です。


パンジャンドラム P1グランプリ 第1回Aブロックの様子。実に紳士感あふれる上品な映像である


パンジャンドラム P1グランプリ 第2回のコース全景。左下からスタートして左上の砦を目指す

 現在予選Cブロックまで進んでいるのですが(Eブロックまであり)、特に「紅茶が進む」と紳士たちを満足させたのがBブロック。前評判から濃いパンジャンドラムが集まっていると評判のブロックでしたが、蓋を開けると想像を上回るバイオレンスでエクスプロージョンな花火大会となっていました。たらちゃんさんわいく、「レースしろよ」。



 Bブロックの中でも特にレースを花火大会へと変貌させたのが、第2コースの「パンジャン型自走砲」。自爆すると前方にショットガンのごとく破片を弾き飛ばす殺意の権化ともいうべき作りで、火力と引き換えにスピードを犠牲にした破壊特化型パンジャンドラムです。


パンジャンドラム P1グランプリ 殺意あふれる「パンジャン型自走砲」


パンジャンドラム P1グランプリ 自爆した瞬間。破片がはるか先まですっ飛んでいく

 レース内容は、案の定「パンジャン型自走砲」が他走者が次々に破壊する世紀末な展開に。スタート地点から一番遠いコーナーまで破片が届く圧倒的パワーは、レースを戦場へと変貌させました。


パンジャンドラム P1グランプリ 降り注ぐ「パンジャン型自走砲」の破片。空襲のようである

 序盤でスピード重視の2機がなんとかゴールしますが、残り3機になってから本当の地獄がスタート。「パンジャン型自走砲」の圧倒的破壊力は、スピードを犠牲にガチガチに防御を固めた「ドリルパンジャン アラハバキ」の装甲行をいともたやすく打ち抜き、鶏っぽい見た目にこだわった結果紙装甲でスピードも並の「お届けパンジャンバード」を何度もこんがりとしたローストチキンへ料理していきます。


パンジャンドラム P1グランプリ ローストされてしまった「お届けパンジャンバード」

 もはやシューティングゲームと化してしまったレース、果たして2機は「パンジャン型自走砲」より前に出られるのか。「パンジャン型自走砲」はその暴力的なパワーで3位入れるのか。結果はぜひ、動画を見てみてください。


パンジャンドラム P1グランプリ 防御ガチガチの「ドリルパンジャン アラハバキ」が撃ち抜かれた瞬間。恐るべき火力である

 世の中に兵器は数多くあれど、「P1グランプリ」を見ればあなたもパンジャンドラムの魅力に気付くはず。さあ、唱えるのです。パンジャンパンジャンパンジャンパンジャンパンジャンパンジャンパンジャン……。


パンジャンドラム P1グランプリ パンジャンパンジャンパンジャンパンジャンパンジャンパンジャンパンジャン

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」