ニュース
» 2018年10月01日 19時52分 公開

京都大学の学生自治寮「吉田寮」めぐり大学と自治会が対立 「四畳半神話大系」の聖地として有名

両者の対立は続きそうです。

[ねとらぼ]

 京都大学の学生自治寮「吉田寮」を巡って、大学側が吉田寮自治会に通告していた退去期限(2018年9月末)を過ぎ、吉田寮に「10月1日に以降居続けると不法占有となる」と書かれた通告書が貼られました。現在では吉田寮の電話線がきられるなど、大学側も強行手段を取っているようです。

 吉田寮とはアニメ化もした森見登美彦さんによる小説『四畳半神話大系』に出てくる下鴨幽水荘のモデルにもなったと言われる建物で、同作の聖地巡礼場所としても知られていました。京都大学は2017年12月に発表した「吉田寮生の安全確保についての基本方針」を発表。その中で京都大学側は「築後100年以上を経過した吉田寮現棟は耐震性を著しく欠き、極めて危険な現状にある」「可能な限り早急に学生の安全確保を実現することは、学生に良好な修学環境を提供する責務を負う本学にとって最重要かつ喫緊の課題の1つ」として、新規入寮の停止と吉田寮に入舎している学生の退去を求めていました。



 一方学生側は、吉田寮の中でも100年以上の歴史を持つ「現棟」が歴史的価値をもち、学会からの保存要望書が出されていることや、2015年に建築された「新棟」は耐震性に問題はないこと、また現棟をどのように補修するかが十分に話し合われていないことなどを理由に、大学と対立。また、「『基本方針』は一言で言えば、老朽化対策をなおざりにして、ただただ寮生を追い出すだけの方針」と批判しています。



 大学側の基本方針によると、京都大学側は昭和50年代から吉田寮現棟の状態を認識しており、1982年には1986年3月を在寮期限と決定し、学生との話し合いに努めたが本格的な改善整備はなされなかったとのこと。また、2018年9月17日には同8月30日に吉田寮自治会との話し合いを行ったものの建設的な話はできなかったとし、「話し合いを行える状況ではない」と自治会を非難していました。

 自治会側はFacebook上で「インフラの確保や訴訟などのためにお金が必要になることが予想される」としてカンパを呼びかけており、大学側との対立はまだまだ続きそうです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン