ニュース
» 2018年10月02日 18時34分 公開

こりゃヤバい、1.6リッターで1000馬力 メルセデス・ベンツの怪物市販車、車名が「AMG ONE」に決まる(1/2 ページ)

せ、せ、せん馬力。ベンツが開発中、F1のパワーユニットを搭載したアブない香りがする“ハイパーカー”【写真15枚】。

[agar,ねとらぼ]

 メルセデス・ベンツはこのほど、同社の高性能車部門・メルセデスAMGが開発するハイパーカー市販モデルの車名を「Mercedes-AMG ONE」に決定したと発表しました。

AMG ONE AMG ONE(写真:メルセデス・ベンツ、以下同)

 AMG ONEは、F1カーの技術を惜しみなく取り入れて市販化する計画のモンスターマシン。AMGの創立50周年を記念し、「Mercedes-AMG Project ONE」として開発が始まりました。既に東京モーターショー2017などの各種モーターショーで開発中車両を公開しています(関連記事)

 パワートレインは、F1マシンと“ほぼ同じ”ハイパワーと高い熱効率を実現する新次元のハイブリッドシステムです。1.6リッターのV型6気筒ターボエンジン、電動モーターやエネルギー回生システムを組み合わせて、システム全体で車名にも由来する1000馬力を超える出力を実現するとしています。また、電動モーターのみで走行できるEVモードも備えます。

F1譲りのハイブリッドシステムを搭載 F1譲りのハイブリッドシステムを搭載

 またAMG ONEは、レースの世界の技術を公道走行するクルマに持ち込むことを1つの目標としており、その設計思想はパワートレインだけに留まりません。2018年9月の発表時点では、空力性能に優れたボディーや、大きなダウンフォースを得られる可変式リアウイングの開発を風洞施設で行っている段階だとしています。

 ともあれレーシングカーを“ほぼそのまま”に市販する高性能スポーツ車計画といえば、トヨタの「GRスーパースポーツ」もかなりインパクトがあります。いずれもお値段、希少性ともにスペシャルなものになるはず。登場が楽しみですね。

AMG ONE:内装 AMG ONE:内装
GRスーパースポーツ トヨタもレーシングカーほぼそのままの市販車「GRスーパースポーツ」を開発中
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声