ニュース
» 2018年10月06日 20時00分 公開

死ねないばかりにいけにえに――悲しい業を背負った不死者の物語「人柱案山子」が恐ろしくも引き込まれる(1/3 ページ)

生きながらカカシとして神に捧げられた不死者は、数百年間で何を思ったか。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「カカシ様の中にはね、死なない人間が入っているんだよ」――そう伝説に語られながら、本当にカカシとして神へのいけにえに捧げられ続ける不死者の漫画、「人柱案山子(ジンチュウカカシ)」がTwitterで好評を博しています。作者はヨ(@yohakuyori)さん。“死ねないがゆえの苦悩”を柔らかで繊細な筆致で描き、読み手をぐいぐいと引き込んできます。


アイキャッチ カカシとなってから数百年もの間、ただ山野を眺めてきた不死身の男。彼が宿業から解き放たれるときは来るのか

 小学2年生の千歳春(ハル)は引っ越し先の農村で、高く立てられたカカシに遭遇。その異様さに驚いていると、父親がカカシの由来を語り始めます。それはこの村にかつてあった、いけにえの風習にまつわる言い伝えでした。


1P

2P

 昔々“白い爆発”があり、土地は破壊され作物が育たない事態に。誰かが「神様が怒ったせい」と唱えたことから、村から1人がカカシとして選ばれ、神に捧げられることになりました。結果、土地には緑が戻ったため、災害が起こるたびにカカシを捧げる風習が根付いたといいます。


3P 伝説は、世界が一度核爆発で滅んだことをほのめかす

 そんなある日、死なない人間が現れてカカシ役を引き受けたおかげで、他の村人はいけにえにならなくて済むようになり、風習はなくなった――それが伝説のあらましでした。ハルが話を疑いながらその場を去ると、カカシが「ちょっと違うんだよなあ……」とぽつり。伝説は絵空事ではなく、カカシの中にはずっと、本当に不死者が入っていたのです。彼は遠い昔に思いを巡らせ、伝説の真実を振り返ります。


4P

 その当時、彼は「ホタル」という名の男として暮らしていました。「死なない男」として恐れられながら、死なないばかりに非道な扱いを受ける日々。近隣に怪物が出ると爆薬を渡され、退治に向かうのが彼の役目です。その方法はというと、自分もろとも怪物を爆破するというむごたらしいものでした。彼は身体が爆散してもすぐに再生できるとはいえ、激痛を感じることに変わりはなく、「死にたい」とつぶやきます。そして夕日を見上げながら、己の生きる意味、死ねない命の意味を神に問うのでした。


5P

6P

7P

8P

 その後、村を恐ろしい洪水が襲いました。神の怒りだと恐れた村人たちは、いつものようにいけにえを捧げようと、誰をカカシにするか思案します。そうして出た結論は、「ホタルがいい。だってあいつは死なないから」。そんな声を耳にして、ホタルは自分の処遇を悲しみながらも、自らカカシになると進言し、長らく田んぼに立っていたのでした。四肢を封じられながらも左目だけは開けてほしいと頼み、ずっと山野を眺めながら。


9P

10P

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1907/29/news103.jpg 秋吉久美子、亡き息子の誕生日に思いをつづる 「二人は常に連なって一緒に生きている」
  2. /nl/articles/2104/12/news014.jpg 柴犬たちもソーシャルディスタンスばっちり……! 絶妙な距離感で並ぶ柴犬親子が面白かわいい
  3. /nl/articles/2104/12/news075.jpg 「3時のヒロイン」ゆめっち、メイクのビフォーアフターに驚きの声 「ライザップのCMくらいの衝撃」「違う人かと思った…!」
  4. /nl/articles/2104/12/news077.jpg 「カブトボーグ」がJ:COMの無料チャンネルでまさかの再放送! 「次回予告がウソ」「ヒロインが週替わり」数々の伝説残したカオスアニメ
  5. /nl/articles/2104/12/news128.jpg 元“小学生ホスト”琉ちゃろ、中学入学で10年ぶりの黒髪に 母ちいめろは校則に苦言も、本人は「そんなに違和感がなくてびっくり」
  6. /nl/articles/2010/05/news063.jpg 第2子妊娠の浜崎あゆみ、42歳バースデーで華やかな豪邸披露 「幸せの形は人それぞれ」と私生活に持論 
  7. /nl/articles/2104/11/news006.jpg 仕事中でも注意散漫、集団行動ができない「発達障害」な漫画家の通院体験漫画『なおりはしないが、ましになる』
  8. /nl/articles/2104/12/news022.jpg 尿意を限界突破しながら我が子のピンチを救う漫画 お散歩アクシデントを跳ね飛ばす母の愛に感動&爆笑
  9. /nl/articles/2104/11/news007.jpg 在宅ワーク中、猫たちがPC前を占拠して…… 「残業は禁止ニャ!」と訴える元保護猫の姉妹がかわいい
  10. /nl/articles/2104/12/news033.jpg 桜玉吉『伊豆漫玉エレジー』が本日発売、還暦を迎えた玉吉先生と担当のプチ対談をお届け 「お元気ですか?」「元気じゃないよ(笑)」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声