ニュース
» 2018年10月04日 11時00分 公開

ゲームの主人公は本当に「絶対的な正義」なのか? 「MOTHER2/3」のポーキーが問う”善悪の彼岸”(1/3 ページ)

最高に意地悪で、最高に優しいRPG。

[朝井麻由美ねとらぼ]

 先日、何十周目かになるMOTHER2をクリアした。24年前、スーファミのソフトとして発売されたMOTHER2に魅入られて以来、私は定期的にMOTHER2をプレイしたくなる発作に見舞われている。

 発作が起こるとゲーム機の電源を入れ、オネットの街を旅立って、粛々とギーグを倒す。興が乗ったら続けてMOTHER3もプレイする。24年来、そんな生活を続けている。


(C)1994 Nintendo/APE inc. Scenario:(C)1994 SHIGESATO ITOI

 そして今回、繰り返しMOTHER2/3をプレイすることで、ある一つの仮説が浮かんだため、筆を執った次第である。先に断っておくと、この記事では一切ネタバレに配慮することなく、MOTHER2及びMOTHER3についての考察をしたためていこうと思っている。未プレイの人にとっては何が何だかわからない記事になることを申し訳なく思いながら、このまま強い気持ちで書き進めてゆきたい。

朝井麻由美(@moyomoyomoyo

フリーライター・編集者・コラムニスト。近著に『「ぼっち」の歩き方』(PHP研究所)、『ひとりっ子の頭ん中』(KADOKAWA中経出版)。一人行動が好き過ぎて、一人でバーベキューやスイカ割りをする日々。



※以下、MOTHER2、MOTHER3のネタバレの内容を含みます

あの世界で唯一「感情をむき出しにしている」人物

 さて、MOTHER2における登場人物のセリフを繰り返し読み込んでいく過程で、一つ気づきがあった。MOTHER2は淡々とした、感情的ではないキャラクターが大多数を占めているのだ。

 「ほのぼの」や「ハートフル」としばしば形容されるMOTHER2のイメージからすると意外に思えるが、キャラクターのかわいらしいグラフィックや、全体の優しい味付けが「ほのぼの」させているのだろう。実際はセリフや看板などの文字だけを読むと、「シュール」かつ「クール」なテキストが多い。たとえその人が焦っていたり、悲しんでいたり、怒っていたりしても、どこかその感情を客観的に見つめているような言い回しばかりなのだ。

 その中で唯一、物語の最初から最後まで、セリフで、行動で、あらゆる手段を使って感情をむき出しにしている人物がいる。ポーキーである。


MOTHER2/3に登場するポーキーとその家族(引用元:Legends of Localization Book 2: EarthBound)

 MOTHER2とMOTHER3には、ポーキーという悪役が登場する。MOTHER2の主人公であるネスの隣の家に住むポーキー。ゲーム開始直後のポーキーは、少し生意気で乱暴で意地悪なところがあるだけの、本当にごく普通の少年だった。

 ある晩、ネスの家の裏山に隕石が落ちたことからMOTHER2の物語は始まる。隕石の近くまで一緒に行ったネスとポーキー。そこで出会った“未来からの使者”ブンブーンによると、未来の世界ではギーグという“宇宙最大の破壊主”が、地球を滅ぼさんとしているらしい。ブンブーンはネスに、「言い伝えでは 3人の少年と1人の少女がギーグを倒すという」と語る。

 それを聞いたポーキーは、「ネス! ずいぶん厄介なことに巻き込まれたみたいだな。3人の少年って、おれもはいってるのかなぁ。…いやだなぁ。ドキドキ」と胸を躍らせる。しかし実際は、ギーグの手下としてポーキーはめきめきと頭角を現していくのだった。

「ごく普通の少年」だった頃のポーキー (C)1994 Nintendo/APE inc. Scenario:(C)1994 SHIGESATO ITOI

悪役であり、悪役ではないポーキー

 MOTHER2ではラスボス(ギーグ)の手下、そして、MOTHER3ではラスボスそのものであるポーキー。私は、MOTHER2もMOTHER3も、実はポーキーの物語なのではないかと思うのである。セリフをそらで言えるほど繰り返しプレイした結果、淡々としたセリフばかりで構成される中、ポーキーの言葉だけが異質なもののように感じたのだ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/22/news039.jpg 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  2. /nl/articles/2402/22/news147.jpg つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  3. /nl/articles/2402/21/news158.jpg 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  4. /nl/articles/2402/22/news030.jpg 夫が妻に「お芋モンブラン」を作ったら放送事故発生 爆笑の結末が940万再生「夫婦そろってギャグセン高すぎ」
  5. /nl/articles/2402/22/news034.jpg 着物警察のハラスメントにプロ着付け師が物申す 「ひどい着方ね」に対するスカッとするアンサーに「よくぞ言ってくださいました」
  6. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  7. /nl/articles/2402/22/news008.jpg 2歳娘、雪遊びででっかいおにぎりを作ってニコニコ→突然の暴挙に「ほんっとに天使すぎる」「豪快w」 ママを笑わせる姿が770万再生
  8. /nl/articles/2402/22/news165.jpg 「BreakingDown」こめお、大会関係者のグラドルとX上で“場外乱闘” 「頭沸いてんのかヤリマンが」「アバズレ」
  9. /nl/articles/2402/22/news035.jpg 歩けないカエルが3年間溜め込んだ“大”の量に爆笑!! 想像絶する規格外サイズに「思っていた10倍」「言葉を失った」
  10. /nl/articles/2402/21/news012.jpg 大好きな兄が2階にいってすねちゃった猫、ママが励ますけれど…… 一歩踏み出せない乙女な姿が「なんでこんなにかわいいの!?」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」