ニュース
» 2018年10月04日 07時30分 公開

野球観戦の楽しさは何で決まる? 球場あるある漫画に「ものすごく共感できる」と賛同の声

マナーを守って楽しく観戦したいですね。

[たけしな竜美,ねとらぼ]

 野球観戦の満足度は“座席の当たり外れ”に左右される……行かない人にはわからないけれど、球場での観戦を趣味とする人にとってはあるあるな話を解説する漫画が話題となっています。


野球観戦の当たり外れ

 漫画の作者は出内テツオ(@675pixel)さん。野球をこよなく愛し、Twitterでは野球ネタの漫画やイラストを多数公開しているほか、球場での野球観戦を勧める作品なども発表しています。



 出内さんによると、“座席の当たり外れ”は場所ではなく、周りの人によって決まるそうです。ハズレの席の例としては、選手に対して暴言をがなり立てる「暴言ヤジおじさん」、推しの選手が出てくると、後ろを気にもせずタオルなどを広げる「視線妨害お姉さん」など、周りに迷惑をかける人が挙げられています。

 それでは、どのような人が近くにいれば当たりの席と言えるのか。出内さんの主観として、例えば「ビール片手に休日を満喫しているらしき、大声で選手を褒めて応援するようなおじさん」が大当たり、とのことです。

 漫画は「お互いに気持ちよく観戦できるよう、ルールを守って楽しく観戦しようね」というコメントで締めくくられています。


野球観戦の当たり外れ 漫画

 Twitterでは「ものすごく共感できます、暴言やヤジはちょっと……」「酔ったおじさんが隣の席にいると安心です」「阪神ファンは知り合いじゃなくてもハイタッチしまくりですよ」など、漫画への共感の声が数多く寄せられていました。

 出内さんによると、暴言ヤジについては「球場はそういう場所だから」といった反応もあったそうです。これについて、出内さん自身「ヤジが飛び交う物騒な野球場の雰囲気」に引かれて野球が好きになった部分はあるとして、ヤジを根絶したいわけでも、全否定しているわけでもないと編集部に語ってくれました。しかし「ヤジ」と「センスのないただの暴言」は全く別物であり、「殺す」「死ね」のような言葉を球場だから使ってもいいというわけではないともコメントしています。

 「もし選手が耳にしたらどう思うか、周りの人は暴言を叫んでいる人が近くにいたらどう思うか、その中にその選手のファンがいたらどう思うか、もう少し考えていただければと思います」と出内さん。みんなが好きなチームを楽しく応援できるように、お互いにちょっとずつ気遣いができたらいいなとも話しています。

 これは野球観戦に限らず、スポーツ観戦やライブ、イベントなど、さまざまな場面に当てはまる内容と言えるでしょう。みんなが好きなものを気持ちよく楽しめるよう、お互いへの配慮を心がけたいものです。


画像提供:出内テツオ(@675pixel)さん

たけしな竜美

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」