ニュース
» 2018年10月04日 22時04分 公開

幸せの“黒い鳥さん”がみんなの命を食べに来るシューティングゲーム「BLACK BIRD」 Nintendo Switchで10月18日発売決定

「Moon」や「Million Onion Hotel」を手掛けた木村祥朗さん率いる、インディーゲームチーム「Onion Games」の最新作。【追記】

[池谷勇人,ねとらぼ]

 インディーゲームチーム「Onion Games」による最新作「BLACK BIRD」のNintendo Switch版が、10月18日に発売されることが決定しました。近くSteamでも販売開始予定とのこと。併せて、公式サイトでは最新のトレーラー映像が公開されています。




 ディレクターを務めるのは、これまで「Moon」や「チュウリップ」「Million Onion Hotel」などを手掛けてきた、ゲームデザイナーの木村祥朗さん。「BLACK BIRD」は自身初となるシューティングゲームで、「幸せの鳥さんが生まれたよ」「みんなの命を食べにくるよ」という、なんとも不穏なキャッチコピーが目を引く作品となっています。


BLACK BIRD メインビジュアルもキャッチコピーも不穏……

 せっかくなので、ようやく開発が一段落した木村さんに、少しだけ疑問をぶつけてみました。

―― 木村さんがシューティングというのはちょっと意外でした。なぜシューティングを作ろうと思ったんですか?

木村:ゼビウス! ギャプラス! グラディウス! ファンタジーゾーン! もともと昔からシューティングゲーム大好きで、作りたかったんですが……。実は2013年ごろ、弾幕の巨匠Z氏と飲み友達になったあたりから構想が始まってます。あれだけ一緒に飲んでて影響ないはずないよね(笑)。

―― 巨匠Z氏、何者なんだ……(棒)。「Million Onion Hotel」やこれまでの作品と世界観はつながっていますか?

木村:はい、実はつながってます。なので登場キャラがちょっとだぶってます。でも、パート2とかそういう意味じゃなくて、アレはアレ、コレはコレって感じです。


BLACK BIRD 公式のジャンル表記は“循環型シューティング”。左右どちらにも移動可能なあたりは「ファンタジーゾーン」っぽい

 発売に先駆け、ニンテンドーeショップでは10月11日より先行ダウンロードも開始予定。価格は1980円(税込)です。


BLACK BIRD 今回は音楽とゲームプレイのシンクロにかなりこだわったとのこと。そういえば“巨匠Z氏”のゲームも音楽と弾幕のシンクロに定評がありますね

BLACK BIRDBLACK BIRD PVから、ストーリー部分抜粋。やっぱり不穏……

10月10日17時30分追記

 諸般の事情によりニンテンドーeショップでの「あらかじめダウンロード」に対応しなくなったとのこと(発売日はそのまま)。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.